文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

セツ先生とミチカの勝手にごひいきスター


 「セツ先生とミチカの勝手にごひいきスター」を読んだ。長沢節、石川三千花。河出書房新社。
以下、本文より抜粋。




e0295821_18180266.jpg








24-26p
「ダニエル・デイ=ルイス 気品に充ちた肉体」の「マイ・ビューティフル・ランドレッド」より。
「(略)あの『アナザー・カントリー』の舞台では、ルパート・エヴェレットの役を彼が演じたというのだから、セクシーなことは間違いないだろう。
 確かに私が見たところ、甘さの勝ったエヴェレットに比して、ぐっと甘みを殺したシャープさで私はぞっこん。(略)
 こんな上品な青年が、ロンドンの惨めなプア・ホワイトを演じるのだから、ほかの愚連隊の中にいるとまるで掃きだめに鶴といった感じである。(略)
パキスタン2世、オマール青年の叔父は、それで成功した実業家で、父はインテリのジャーナリストだった。(略)
 ダニエル・デイ=ルイスが演じる白人ジョニーとオマールは、5歳の時からの幼なじみで、(略)
しかしジョニーはパンク化して髪を染め、ナショナルフロントという人種差別や移民排斥の運動に加わる。
オマール父子の受けた心の傷はとても深かったわけ……。」


「ほかの愚連隊」とセツ先生はおっしゃるが、その中でジョニーの一番の親友を演じた俳優の、
ちょっと躊躇してからジョニーに投げつけるはずのガラクタをそこらに放り投げた演技が印象的であった。

 「アナ・カン」の舞台版では、映画版でルパートの親友でコミュニストを演じたコリン・ファースもガイ・ベネット役を演じたという。凄い。ダニエル版といい、見た方々が羨ましい。
当時は、「モーリス」で日本の映画ファンの前に初めてお目見えしたヒュー・グラントも含め、ダニエル、コリンの三人がこんなにもハリウッドで成功するとは思わなかった。
ダニエルは、最近公開された映画の、頑固な老ファッション・デザイナーの役を最後に引退するそうである。
うーむ。まあ、そういう役で良かった。久々に福岡の映画館に赴こうかな…(地元では多分上映しない)


e0295821_18171510.jpg

e0295821_18174580.jpg
e0295821_18165068.jpg

e0295821_18170674.jpg

e0295821_18163652.jpg

e0295821_18164319.jpg

e0295821_18162629.jpg



















セツ先生とミチカの勝手にごひいきスター

長沢 節,石川 三千花/河出書房新社

undefined





[PR]
by stefanlily | 2018-06-18 18:26 | 映画、movie | Comments(2)
Commented by marucox0326 at 2018-06-18 20:23
お久しぶりです。
こういったご本もお読みになるのですね。面白そう。
私、以前から中野翠さんとともに石川三千花先生の大ファンなのです。
長沢節先生とは、セツモードセミナーで師弟関係にあるんでしたっけ。

D・デイ・ルイス、かなり彼の映画は観てますが
「マイ・ビューティフル~」「眺めのいい部屋」と同年の作品なんですよね。
若くてその後の作品ではあまり見られないキャラの彼が新鮮です。
とはいえ、様々な役を演じてきたダニエル、近年は「リンカーン」とか
その後のP.T.A.監督作品でも、狂気と渋さと円熟が程よくて
すごくいい役者になってきたのに、60過ぎで引退とは残念です、
同監督作の「ファントム・スレッド」も観たいと思っています。

ルパート・エヴェレット。今でこそ珍しくありませんが
彼、随分前からゲイをカミングアウトしてますよね。
ジュリア・ロバーツ主演の「ベスト・フレンズ・ウェディング」
での好演が印象に残っていますが、古典的な顔立ちの正統派英国紳士系の
俳優さん、少なくなってきた気が。

長々と失礼いたしました。
Commented by suezielily at 2018-06-22 17:07
marucox0326さま、
お久しぶりです。有難うございます!
>こういったご本
いえいえー。ミーハーですよ、私(笑)

中野翠さん(着物着こなし)では林真理子に一目置かれている)、石川三千花先さんの映画評は面白いですよね。

D・デイ・ルイスはとはいえ「リンカーン」には出なくてよかったかなー。アメリカ人を演じてほしくないので。。。凄い偏見ですが。。。
「ファントム・スレッド」も観たいと思っています。

ルパート・エヴェレットはガールフレンドもいたのでしたけど。
整形までしちゃったし、必要ないのにね。ミッキー・ロークもそうですが。