文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと-La pom...
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:46
病院坂の首縊りの家が好き♡
by LuckySevenStars at 16:40
nobikunJ さま ..
by stefanlily at 16:08
面白いですね! You..
by nobikunJ at 11:36

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

デヴィッド・ボウイ 、16歳..
at 2018-09-17 17:03
Goodbye, Colum..
at 2018-09-10 17:53
病院坂の首縊りの家 (199..
at 2018-08-31 17:28
The Great Brit..
at 2018-08-24 17:54
舞踏会へ向かう三人の農夫
at 2018-08-24 17:28

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

松本清張「隠蔽と暴露」の作家 - 高橋 敏夫【著

 松本清張「隠蔽と暴露」の作家  読んだ。 高橋 敏夫著、集英社新書

以下、目次の抜粋。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784087210163
https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/interview/matsusei/752
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0916-f/



e0295821_17250283.jpg





 「第1部 松本清張、人と方法(松本清張とは誰か;「隠蔽と暴露」という方法)第2部 隠蔽する力に抗う試み(戦争―『球形の荒野』、『半生の記』、『黒地の絵』;明るい戦後―『ゼロの焦点』、『砂の器』、『顔』;政界、官界、経済界―『点と線』、『けものみち』、『黒革の手帖』;普通の日常、勝者の歴史―『或る「小倉日記」伝』、『父系の指』、『無宿人別帳』;暗い恋愛―『天城越え』、『波の塔』、『強き蟻』;オキュパイドジャパン―『小説帝銀事件』、『日本の黒い霧』、『深層海流』;神々―『黒い福音』、『昭和史発掘』、『神々の乱心』;原水爆、原子力発電所―『神と野獣の日』、『松本清張カメラ紀行』、「幻の作品」)」

 悪くないけど、先日読んだ「江戸川乱歩と横溝 正史 」のほうが面白かったかな。
ちょっと物足りない。

なんか著者の自説に清張作品を強引に引き寄せて、というのが。
そうではなかったからね、「江戸川乱歩と横溝 正史 」は。
徹底的に調べて読み込んで、というのとお二人の大ファンだというのが読んでいてわかったから。



e0295821_17245410.jpg

松本清張 「隠蔽と暴露」の作家 (集英社新書)

高橋 敏夫/集英社

undefined




[PR]
by stefanlily | 2018-02-12 16:08 | 文学、books | Comments(0)