文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 16:12
以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

マキューアン「甘美なる作戦」
at 2019-01-07 18:04
ザ・ジャム:ライヴ・イン・ベ..
at 2019-01-07 17:49
海外文学過去ログ
at 2019-01-01 00:59
音楽記事バックナンバー
at 2019-01-01 00:45
シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

松本清張 「鬼畜」2017

 『ドラマスペシャル 松本清張 鬼畜』のタイトルで2017年12月24日21時 - 23時18分にテレビ朝日系で放送された
以下、WIKIより抜粋。

e0295821_17200515.jpg








「キャスト竹中宗吉:玉木宏  竹中梅子:常盤貴子  山田菊代:木村多江 野田和子:余貴美子(所轄署・防犯課少年係・巡査長)山田利一:南岐佐(菊代の長男で7歳)山田良子:稲谷実恩(菊代の長女で4歳)山田庄二:今中陸人(菊代の次男で2歳)中丸刑事:前田亜季(静岡県警伊豆警察署)高橋刑事:近藤芳正(同上)
田口辰夫:羽場裕一(「竹中印刷」の職人)龍村刑事:河西健司(所轄署)広瀬刑事課長:平泉成(所轄署・警部)原田道夫:柳葉敏郎(同上・警部補)加藤医師:橋爪功」

橋爪功がゴールデンのドラマに復帰したのも注目。

常盤貴子がこういった役を演じたのは初めてではないか。
目などの表情の変化が良かった。
美人が質素な姿というのはかえって美貌が際立つ。同じ役を演じた岩下志麻、「ホワイトアリアンダー」で殆ど収監された囚人役だったミシェル・ファイファーもそうだった。
大河の、柴崎コウがミスキャスではないかという声が多かったが、NHKは二大たかこ(松、常盤)に声をかけなかったのだろうか。
彼女らの大河主役はいまだ、無し。

常盤がラスト、マクベス夫人ばりの脚色(原作や野村監督の映画には無い)で演技するので、長男の名セリフ(上手い子だったのに、見せ場を奪われたね)はカットされたということだろうか。
1人が死に、1人が行方不明ということで近所の噂になり、警察が3人目の子供の事件以前に動くという脚色も原作にないが、それは自然でいいと思う。
ただし、警察が見張る近くで青酸カリ入りの最中を強要されるというのはちょっと変だね。

玉木、いつもどおりの安定感の木村もよいが、緒方、たけしさんらに比べて3人が美男美女すぎて生活感が。。。
ステテコ、下着のようなシャツ姿の玉木は初めて見た。
音楽でいかにも野村映画のような曲がかかっていたのも、ちょっとどうかな。


e0295821_17201639.jpg
e0295821_17311566.jpg



by stefanlily | 2017-12-26 17:18 | 映画、movie | Comments(0)