文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしをつむぐ。* 暮ら...
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikun様 ..
by stefanlily at 16:09
アナログレコード、持って..
by nobikunJ at 18:58
LuckySevenS..
by suezielily at 16:12
以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

三島由紀夫と天皇
at 2019-03-13 17:15
ピクニックatハンギング・ロック
at 2019-03-13 16:48
小林信彦「本音を申せば」
at 2019-03-13 16:31
海外文学過去ログ
at 2019-03-01 00:59
文学記事過去Log
at 2019-03-01 00:14

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

渋谷、大貫、セーソク2017

三者鼎談2017
http://worldrocknow.blog.fc2.com/
以下、公式HPより抜粋。

e0295821_18090606.jpg





「大貫憲章 select 6. Circa Waves / Wake Up (2017) Different Creatures

大貫-リバプールの4人組。今どきのロックバンドという感じ。   アラン・ モウルダーのプロデュース作。   わかりやすいし、歌もそこそこ聴ける。
渋谷-ボーカルにキャラクターがある。   すごくいいと思う。

7. Coco Hames / I Don't Wanna Go (2017)

大貫-女性シンガー。インディーのバンドをやりつつのソロデビュー作。渋谷-ブロンディーを新しくしたというか、もっと古くしたような感じ。

8. The Lemon Twigs / I Wanna Prove to You (2016)Do Hollywood

伊藤-非常にわかりやすくて好きなタイプ。
大貫-ロングアイランド出身。兄弟によるバンドのデビューアルバム。   どの曲もフックがあって、ちゃんと落としどころがある。
渋谷-50年代、60年代の音をレトロな感じでは捉えてなくて、 面白い音楽として積極的に取り入れている。


渋谷陽一 select

11. Lorde / Liability (2017)

Melodrama [CD, Import]

渋谷-2作目だが全世界的にやたら評価が高い。伊藤-存在感ある。大貫-まあそこそこ。

12. Kendrick Lamar / Loyalty (feat. Rihanna) (2017) Damn

渋谷-いろんな非難に対して、自分の表現を向き合わせる挑戦的な作品。
伊藤-何がいいんですか?
渋谷-わりときれいなメロがあるんですけど。
伊藤-良く分からない。
13. Tyler, the Creator / See You Again (feat. Kali Uchis) (2017)

フラワー・ボーイ Special Edition

渋谷-若いヒップホップアーティスト。自らがゲイであることを公表した問題作。
伊藤-音の背景さえ変えれば昔のソウルと一緒。   ケンドリック・ラマーよりはいい。
大貫-こっちのほうが受け入れられる余地はある。   アルバムタイトルもいい。

14. Arcade Fire / Everything Now (2017)

EVERYTHING NOW

渋谷-久しぶりの作品でポップなテイストだが、歌われている内容は非常にシリアス。
伊藤-わかりやすい。王道。大貫-これは知ってる。

15. Beck / Up All Night (2017)

COLORS

渋谷-3分間のカラフルなポップミュージックが詰まった楽しいアルバム。   そうはいっても時代に対する危機感とかシリアスに歌われている。
大貫-見た目もあまり変わらない。
渋谷-大衆の求めるベック像にアジャストするよう戻している。

16. Thundercat / Show You the Way (feat. Michael McDonald and Kenny Loggins) (2017)

Drunk」

Thundercat って名前が面白い。にゃんこスターってか!?(嘘)
「50年代、60年代の音をレトロな感じでは捉えてなくて」とは今のバンドは皆そういう感じですね。
伊藤氏の選曲が渋谷さんに気を遣ってた印象。
ロバートプラントだのフロイドだのって。
あまりゴリゴリのメタルではなかった。3人違うのが面白いのに、メタルは興味無いけどお三方のそういうのを楽しみにしていたのですがね。

ブロンディー好きですね。デボラ姐さん(当時としてもかなりの年齢に見える?)がフェミニズムとか声高に言わなくて、Boy's Toyで結構、ってそんな感じに見えました。

e0295821_17171733.jpg
e0295821_18091637.jpg

The John Peel Sessions

New Order/Strange Fruit UK

undefined

Ukrainian John Peel Sessions

The Wedding Present/null

undefined










by stefanlily | 2017-12-24 17:42 | 音楽、music | Comments(2)
Commented by nobikunJ at 2017-12-26 11:36
面白いですね!
YouTubeをChromeで立ち上げて、順を追って楽しみました。
個人的にはCoco Hamesが好きかな。
Blondyが大好きでしたから。
Commented by stefanlily at 2017-12-26 16:08
nobikunJ さま
今年のセレクトはそんなでも無かったような印象です。

Blondy、私も好きですね。