文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごとの日々。
フェルタート™・オフフー...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:46
病院坂の首縊りの家が好き♡
by LuckySevenStars at 16:40
nobikunJ さま ..
by stefanlily at 16:08
面白いですね! You..
by nobikunJ at 11:36
nobikunJさま ..
by stefanlily at 16:33
ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

松本清張「隠蔽と暴露」の作家..
at 2018-02-12 16:08
愛の渇き(1967年)
at 2018-02-09 17:43
映画記事バックナンバー
at 2018-02-06 17:50
文学記事過去Log
at 2018-02-01 00:14
江戸川乱歩と横溝正史
at 2018-01-30 17:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

David Bowie "Stage"

e0295821_17394181.jpg





那覇市のデパート内にあるタワレコで購入。
やけにボウイ様のCDが多くあるな、レジにいる若い女性はボウイのことは知らないだろう、と思っていたら。
「ポストカード入れておきます」って、例の回顧展の。
「あら、どうも」、と言ったが父上とかの影響かしら。
今度行く機会があったら、他のライブCDもあったことだし、話しかけてみよう。

でも、那覇市内の某大型書店で新潮文庫の三島作品が1冊も無いのには引っかかったなー。

翌日に福岡空港で7億円だの市内で3億8000万だのの事件。そんで今回は那覇地検で高木沙耶。うーん。
鹿島市は行きそびれたけど、例の大臣さん鹿島出身。すれ違いが続きますわー。笑

Stageのコンテンツ。2枚組。
「1枚目 1. ワルシャワの幻想、2. ヒーローズ、3. ホワット・イン・ザ・ワールド
4. ビー・マイ・ワイフ、5. ブラックアウト、6. 疑惑、7. スピード・オブ・ライフ
8. 壊れた鏡、9. 美女と野獣、10. フェイム、
2枚目、1. 5年間、2. 魂の愛 3. スター 4. ハング・オン・トゥ・ユアセルフ、5. ジギー・スターダスト、6. アートの時代、7. アラバマ・ソング、8. ステイション・トゥ・ステイション 9. ステイ、10. TVC15(ワン・ファイヴ)


ステイション・トゥ・ステイションが最高ですね。エイドリアン・ブリューが参加した時。

郷愁―ペーター・カーメンチント (新潮文庫)

ヘッセ/新潮社

undefined

e0295821_17390635.jpg
e0295821_17392296.jpg


e0295821_17391319.jpg



[PR]
by stefanlily | 2017-04-28 17:26 | 音楽、music | Comments(2)
Commented at 2017-05-08 22:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stefanlily at 2017-05-10 17:46
鍵コメントさま
こちらこそ はじめまして。

私も好きな作家です!

リンクさせていただきます。
こちらこそよろしくお願いいたします