文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと-La pom...
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:46
病院坂の首縊りの家が好き♡
by LuckySevenStars at 16:40
nobikunJ さま ..
by stefanlily at 16:08
面白いですね! You..
by nobikunJ at 11:36

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

デヴィッド・ボウイ 、16歳..
at 2018-09-17 17:03
Goodbye, Colum..
at 2018-09-10 17:53
病院坂の首縊りの家 (199..
at 2018-08-31 17:28
The Great Brit..
at 2018-08-24 17:54
舞踏会へ向かう三人の農夫
at 2018-08-24 17:28

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

ヘミングウェイ「男だけの世界」

 ヘミングウェイ短編集第1巻「われらの時代・男だけの世界」高見浩訳より、目次。
e0295821_17291598.jpg





「『IN OUR TIME われらの時代』On the Quay at Smyrna スミルナの埠頭にて/Indian Camp インディアンの村/"The Doctor and the Doctor's Wife" 医師とその妻/The End of Something ある訣別/The Three-Day Blow 三日吹く風/The Battler ファイター/A Very Short Story ごく短い話/Soldier's Home 兵士の故郷 /The Revolutionist 革命家/"Mr. and Mrs. Elliot" エリオット夫妻/Cat in the Rain 雨のなかの猫/Out of Season 季節はずれ/Cross-Country Snow クロス・カントリー・スノー/My Old Man ぼくの父 /Big Two-Hearted River 二つの心臓の大きな川/L’Envoi  跋文/Up in Michigan 北ミシガンで/MEN WITHOUT WOMEN 『男だけの世界』 The Undefeated 敗れざる者/In Another Country 異国にて/Hills Like White Elephants 白い象のような山並み/The Killers 殺し屋/Che Ti Dice la Patria? 祖国は汝に何を訴えるか/Fifty Grand 五万ドル/A Simple Enquiry  簡単な質問/Ten Indians 十人のインディアン/A Canary for One 贈り物のカナリア/An Alpine Idyll アルプスの牧歌/A Pursuit Race 追い抜きレース/Today is Friday 今日は金曜日/Banal Story 陳腐なストーリー/Now I Lay Me 身を横たえて/訳注/ヘミングウェイ年譜(誕生よりパリ時代の終りまで)/解説  パリのヘミングウエィ―His life and works in the Paris year―」
 読書メーターを検索すると、高見浩の訳のほうが西崎憲訳よりもいい、という意見が一名。同感。
各人が好きだという作品も、ほぼ同傾向。
 ヘミングウエィは中高生の頃、世界文学全集への興味でカミュ、カフカ、E・ブロンテらの作品と共になんとなく読んだ程度だった。それも「老人と海」だけを。
 ここ10年ぐらいで「猫」を題材とした作品を探すようになって、「雨のなかの猫」や「キリマンジャロの雪」に行き着いた。「海流の中の島々」は未読である。
他の短編もたいへん面白い。
ノーベル文学賞受賞という栄誉に輝きながら、しかも高齢?で自殺した(川端康成も)ということもあって、彼に対する興味はつきない。
ちなみに、三島由紀夫が海外の新聞で「世界の文豪十傑」として掲載された際、ヘミングウエィの名前も挙がっている。
三島が四十五歳という年齢であのような最期を迎えたので、「あの年齢でヘミングウエィと川端は、どうして?」と思う。
e0295821_17292929.jpg

e0295821_17294251.jpg

e0295821_17295126.jpg

e0295821_1730377.jpg

e0295821_17301376.jpg

e0295821_17302060.jpg

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

サマセット モーム / 新潮社


[PR]
by stefanlily | 2015-07-31 17:31 | 文学、books(海外)