文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

文壇うたかた物語

 元「小説現代」と「群像」の編集長である大村彦次郎の「文壇うたかた物語」を読んだ。
巻末に登場作家の索引があるが、大村氏は野坂昭如氏の担当だったようで、野坂氏に関する記述が他の作家よりも多い。






以下、目次の抜粋。
「第一章 /『日本小説』の創刊――田村泰次郎の『肉体の門』――カストリ雑誌がはびこる――『小説新潮』の創刊」「第二章 /風俗小説の隆盛――松本清張現る」
「第三章/ 司馬遼太郎の登場――雌伏する池波正太郎――社会派推理小説の擡頭――梶山季之が売り出す」「第四章 /吉行淳之介の周辺――『うたかた』の田辺聖子」「第五章 /五木寛之のデビュー――新人賞残酷物語」
「第六章 /野坂昭如の直木賞――芥川賞の大庭みな子」「第七章 /田中小実昌の韜晦――宇能鴻一郎の覇気――中間小説誌の氾濫――サイケ調の流行――笹沢左保の『木枯し紋次郎』――直木賞の運、不運――芸術かワイセツか」「第八章 /紛糾する新人賞選考会――火野葦平の遺書」「第九章 /渡辺淳一の上京――田村隆一と殿山泰司――井上ひさしの遅筆――乱歩賞の作家たち」「第十章 /小泉喜美子と有吉佐和子――向田邦子の詫び状――女流作家の座談会」「第十一章 /編集者の条件――葬式の名人――石油ショックの到来」「あとがき、文庫版あとがき、解説(常盤新平)、参考資料、登場作家索引」

 以下、本文より抜粋。
「昭和三十年代なかば頃までの誌面には、舟橋、丹羽の両雄がひんぱんに登場し、観音びらきの目次に、ふたりの名前が並ぶときは、どちらかいっぽうが巻頭に、そして他方が巻末に置かれる、といった編集部苦心の目次作りになっている。
舟橋さんは自分の作品が載った目次の題名や作者名の幅の寸法を、物差しで測るといわれた。芝居の内幕に精通していたので、看板の序列を気にかける役者の執念ぶりに影響されたのかもしれない。」
「消えた新人揚野浩」の項。
「岩橋邦枝さんだが、(略)『捨て猫』『春の惑い』『恋の部屋』といった、青春のそこはかとない倦怠感が残る男女の明け暮れを描いてくれた。」
「その晩、東京からテレビ局が、翌朝出演のためのクルマを差し向けてきたが、野坂さんはこちらの取材を理由に断った。いつも出演しているテレビだから、こういうときぐらいは断ってみたい。テレビ局の迎えのひとの目を盗んで、宿のサンダルをつっかけ、灯りの消えた夜の温泉街をさまよった。満天に星が散らばって見える。気がついたら、ふたりとも素足のままだ。一月の厳冬のさなかである。足の先が凍ったシシャモのようになった。」
向田邦子の項。
「『これは、あなたへの詫び状です。』 と、してやったり、といった笑みを浮かべた。いまいましいから、私はわざと渋面を作ったが、いまから思えば、そのときの印象は、なぜか苦い、というより甘ずっぱい記憶になって甦る。
「五木寛之のデビュー」の項。
「 五木寛之さんの『さらば、モスクワ愚連隊』が出現したのは、『小説現代』新人賞の第六回目であった。(略)為替が一ドル三百六十円、海外出張にはまだ外貨の持出し制限があった頃だから、(略)外国に題材をもとめたのはめずらしくもあった。
 しかも雪どけ時代のモスクワを舞台に、日本人のジャズ演奏が作品のクライマックスに仕掛けられている。大詰で主人公が(略)『セントルイス・ブルース』を弾きだす。そのあと、ベース、クラリネット、トロンボーンなどいろんな楽器が加わって、演奏は最高潮に達する。
 これまで娯楽小説の分野で、音楽によるこんなエキサイトした場面は描かれたことがない。選考委員の中でも、ジャズのわかる有馬さんが真っ先に推した。まさに音のきこえる小説、新型のヒーロー小説である。
『凄い新人が現れたよ』と選考会のあとで、有馬さんは興奮した面持ちで言った。編集部にとっても、ついにこの一篇にめぐり逢えたか、という思いがした。」
 「ジャズのわかる」有馬頼義というのは確か、世が世ならお殿様、という作家であった。
五木氏のその受賞作は未読だが、有馬、大村氏の興奮が伝わってくる。
 そう言えば某女優の夫で芥川賞作家の原作による女性誌に連載中の漫画を読んで、「この人が芥川賞…?」と思ったが、受賞作はミュージシャンらしい文体で審査員を魅了したのかもしれない。読まないうちから偏見だったな、と反省。
 岩橋邦枝…初耳だ。猫を描いた作品ならば、読んでみたい。地味だが力のある作家とあれば、尚更である。
e0295821_15502393.jpg

文壇うたかた物語

大村 彦太郎 / 筑摩書房


[PR]
by stefanlily | 2014-03-04 15:51 | 文学、books