文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

本のまくらクイズ36

下記のア~オの小説、随筆の冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名 1 中村正常 2 尾崎士郎  3  伊藤人譽 4 織田作之助  5 里見弴
作品名 A 中村遊廓  B  穴の底 C  探し人  D 三人のウルトラ・マダム E 小坪の漁師  
ア 穴そのものは特に変っていなかった。形は円く、直径五メートル位、ギボウシの生い茂った草地の縁からすり鉢のようにくぼんでいて、更にその中央に、直径二メートル程の深い穴がほとんど垂直にえぐられているのである。
e0295821_178363.jpg





イ  わたしの日常生活ですって? たしか四、五年前にも、同じことで喋らされた憶えがあるけれど、面白かろう筈はないでしょう。
ウ  「古き城下町にて」――、と私はノートのはしに走り書きをした。幻想のいとぐちが、そんなところからひらけて来そうな気がしたからである。
エ  三つのチョコレートなら三人で分けてたべ、二つのチョコレートなら持っていた一人がこっそりたべてしまい、一つのチョコレートなら、三人でジャン拳して勝った一人が口に入れて、あとの二人は味はどうだったと聞いてみるだけ――そういう友情と約束とに若い日を送っていた三人の仲のいい最新式のお嬢さん達がいて、
オ 一  子供心にもさすがに母親の死ぬことは悲しかった。子供といってももう十一であった。まだ五つにしかならぬ妹の芳枝はいざ知らず、新吉の顔には悲しい心でするする涙が落ちた。

e0295821_17423884.jpg
e0295821_17424477.jpg
e0295821_17425069.jpg

e0295821_1784485.jpg
e0295821_1785199.jpg
e0295821_1785823.jpg
e0295821_179759.jpg
e0295821_1791319.jpg

井伏鱒二をめぐる人々―夏目漱石/森鴎外/尾崎士郎 宇野千代/中村正常/小沼丹/黄瀛

涌田 佑 / 林道舎


[PR]
by stefanlily | 2014-01-14 17:10 | 本のまくらQUIZ