文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

渋谷、憲章、伊藤

NHKFMに渋谷陽一氏の「World Rock Now」という番組がある。
12月20日の放送は二時間スペシャルで、ゲストは大貫憲章、伊藤政則という豪華版。
2013年の洋楽シーンのまとめ的内容。 これは、と思ったアーティストの楽曲を各人が選曲する。
e0295821_17491436.jpg

ロック―ベスト・アルバム・セレクション (新潮文庫)

渋谷 陽一 / 新潮社





番組公式HPにお三方のかけた曲のリストがあるので、洋楽ファンは(というか、その括りならばこの三人を知らない人はいないだろうが)彼らの好む音楽の傾向に「ほおほお」と思うことだろう。
私はセーソクさんの好きなHard Rock, HMといったジャンルは興味がないので、彼の好きな曲をかける時間帯は「寝てた」のだが。大貫さんはご自分の時間帯の時に、「伊藤さん、寝ています?」と言っておられたのでその真似だ。
洋楽の評論家として、洋楽雑誌を出している出版社社長として渋谷さんは業界の頂点に立つ方だが、大貫、伊藤のご両人にイジられてムキになっているのが可笑しくて仕方がない。永遠の、(濃い目の顔だが)ロック美?青年、それが渋谷陽一という人だ。 
エミネムの新譜が出た時に渋谷さんは既に番組で何曲か紹介し、彼と母親との確執について説明していた。そう言えば、エミネム主演の自伝的映画で、母親役をキム・ベイシンガーが演じていたという映画評を見た覚えが、うっすらとある。
エミネムの曲をかける時、「エミネムを野菜の名前だとか、馬の名前だとか二人に言われましたが」と言っていた。
渋谷さんはトム・ヨークの大ファンで、「大貫さん、貴方彼の友だちだって!?、それも何度も会っているって?」と攻め立てると、「いや、友人のデザイナーの友人みたいで、パーティーの時に見た事ある顔だな、と思ったらトム・ヨーク」と答え、更に渋谷さんを羨ましがらせていた。
 大貫さんと渋谷さんの好きなアーティストは重なる部分もあるので、彼らの選曲パートは楽しく聴いた。
伊藤さんと渋谷、大貫さんは明らかに好みの傾向が違うので、ハード/HM系対パンク・オルタナティブ系という、トークバトル?を展開。これと同じ事が、以前NHKBSで放送していた「MUSIC BOX」のVJ、西森マリーと木野島光美さんの間であったことを思い出す。視聴者が喜ぶ、大人の他愛もない論争。
お三方の一致した見解は、2013年はずば抜けて凄いアーティストはいなくて、小ヒットならばいるかな、ということだった。
 ところで、ロッキン・オン誌といえば、渋谷さんと松村さんという方が立ち上げたロック誌なのだが、相方だった松村さんはご健在なのだろうか。ミュージシャンでもある方だが。
ロック写真家として高名なアントン・コービンの写真を掲載していた(今も?)のはRO誌である。興味のある方は、検索してみてくださいね。
e0295821_1749242.jpg
e0295821_17492982.jpg
e0295821_17493629.jpg
e0295821_17495514.jpg

[PR]
by stefanlily | 2013-12-26 17:49 | 音楽、music