文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

アナザー・カントリー

板倉厳一郎、スーザン・K・バートン、小野原教子の共著である「映画でわかるイギリス文化入門」より、
「アナザー・カントリー」の項。
――この章で学ぶこと…… パブリック・スクール、同性愛、ケンブリッジ・スパイ、クリケット――
e0295821_18185286.jpg




――あらすじ……「舞台は1930年代、イングランド屈指の名門パブリック・スクール。名門大学を出てフランス大使になる未来が約束されている青年ガイ・ベネットは生徒たちの自治組織のエリート・メンバー「ゴッド」に選ばれることになっていた。
一方、友人トミー・ジャドは、エリート・コースを歩んでいた彼を尻目に革命思想を学んでいた。(略)この映画の原作は、実在の二重スパイ、ガイ・バージェス(1911~63)をモデルにした戯曲である。(略)「英国伝統映画」のひとつとして作品自体は広く受け入れられ、日本でも人気がある。」
 ――パブリック・スクール……「この作品の舞台は、明言されてはいないがイングランドの名門パブリック・スクール、イートン校(Eton College)である。(略)ベネットとハーコートが出会ったとき、彼らはお互いのファーストネームを知らなかったが、パブリック・スクールでは伝統的に学生同士は苗字で呼び合う。」
――クリケット……「(略)イングランドの国技であるクリケットは、いかにもパブリック・スクール向きだ。」

 英国人ALTの仲良し4人組に「英国って階級でプレイするスポーツが違うの?上流階級がクリケット、ミドルクラスがラグビー、労働者階級がサッカー…」と聞いたら「ステレオタイプだ」と大爆笑された。
その後、その中で一番賢いと一目置かれているJ君に偶然会ったら、サッカーとラグビーはGentlemen’s sport played by lad, Lad’s sport played by gentlemenと説明してくれた。
どっちがどっちか忘れたが。
ラグビーはルールが複雑?か何かで9時から5時までに終わる仕事の、きちんとした職業の人がよくプレーする…とか私の聞いた質問も当たらずしも遠からず、といったところだったのか。
「中田ヒデ(英国人にも有名だった)はIQテストで完璧に近かったらしいよ」と言ったら「ええ、サッカーなのに(笑)」と驚かれたが。ただし、このJ君、英国の北の訛りが強くて折角の有難い説明が聞き取りづらかった…(と言ったら他の英国人に「ああ、彼は北の方だから(笑)」と言われる)。
名前の呼び方が効果的な演出をされていたのが、「モーリス」である。主人公二人は当初、苗字で呼ぶのだが、途中から「クライブ」「モーリス」と呼び合う。
映画「アウトサイダー」などに出演した米国人の、当時の若い俳優達を「ブラットパック」と呼んでいたが、アナカンや「眺めのいい部屋」、「モーリス」などに出演した英国俳優達を「ブリットパック」とも。
ファン層は被らない…かな? 私はマット・ディロンを好きだが。
  舞台でもルパートやコリンが同じ役、あるいはコリンやダニエル・デイ・ルイスがガイ役を演じた事もあったようで、見たい…。
映画版のあらすじを読んでいて、「いやー、ルパートは美しすぎるし、コリンは知的で美声だし、出世コースに乗ったエリート役はむしろ、コリンだよなー」とも思う。あ、何もルパちゃんが白○美だなんて、言っていませんよ(笑)。彼がジャド役を演れないだろうし、やはり主演なのだろう、よく出来ている。
英国のロック好きな知人が「Thank youの前に I meanをつけて話していたのが、たまらないね」と言っていた。

以前、スコットランド人のALT君(大学はウイリアム王子と同じだそう)に「ヒュー・グラントの話し方ってOxbridge accentと言うよりは、ヒュー・グラントアクセントって呼んでいるよ。(ここで鼻にかかったような声で『アァーン』という、キムタクをうんと上品に英国風にしたような物真似を無理矢理やる私)」と言ったら、「僕にはコリン・ファースのほうがOxbridge accentに聞える」ということだった。
彼とは「ブリジッド・ジョーンズの日記」の話をしていたと思う。 
今となっては伝説のファッション誌、「Olive」でもアナカンや「Stranger than Paradise」の青年達のファッションが採り上げられ、似せたコーディネートが誌面にあった。が、オリーブといえども、ご本家の二本の映画には適わなかった。余談ついでに、以前すぐに廃刊になったファションと音楽の雑誌での企画に「ロンドンの業界の人々は、日本のどのファッション誌を評価するか」というのがあり、ダントツでオリーブが選ばれた。他の雑誌は「写真が良くない(オリーブは写真を褒められていた)」「この娘、メークする前よりも(メーク後も)ちっとも良くなっていない」などと言われたのに。
e0295821_1819917.jpg
e0295821_18192153.jpg
e0295821_18192830.jpg
e0295821_18193623.jpg
e0295821_18194199.jpg
e0295821_18195091.jpg



アナザー・カントリー [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ


[PR]
by stefanlily | 2013-11-10 18:19 | 映画、movie