文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

映画ひと言コメント・は行

私の好きな は行の洋画。
――   バーディ  灰とダイアモンド 8 1/2八月の鯨  
二十日鼠と人間バベットの晩餐会  パリ・テキサスパルプ・フィクション バロン  ハワーズエンド    ハンガー    ハンナとその姉妹
ピアノレッスンピクニック at ハンギング・ロック  ビッグウエンズデー
陽のあたる場所
ひまわり ビリディアナ   昼顔
e0295821_18381369.jpg




普通じゃない    プラダを着た悪魔    フランケンシュタイン
ブリジッド・ジョーンズの日記    ブルーベルベッド   フルモンティ  プ レンティ
ベティーブルー   ベニスに死す   ペレ   ベルリン・天使の詩   北京ヴァイオリン
ホテル・ニューハンプシャー   炎のランナー   ホワイトオリアンダー   ―― 
「バーディ」はマシュー・モディーン(体型と爽やかな容姿で、時々狂気なところがアンソニー・パーキンスみたいだった)とニコラス・ケイジがとにかく、いい。
「灰とダイアモンド」はチブルスキーも勿論、素敵なのだけれど同僚の、青白きインテリなスーツ姿の俳優も好みだった。「地獄に堕ちた勇者ども」ならば、ヘルムート・バーガーよりもヘルムート・グリームのほうがカッコいいなーと思ったし、その系列の顔だったような。

以下、加藤剛「海と薔薇と猫と」より引用、「白い朝のチブルスキー」の項。
「 だいぶ前のことになるが、俳優のチブルスキーがモスクワ駅で事故死したという小さな死亡記事を朝刊にみつけて、私は愕然とした。(略)ただ、カワレロヴィッチやワイダの映画作品の主人公として、彼の存在はあまりにも皮膚感覚に親しいものだったからである。あの『灰とダイアモンド』の青年マチェック役として、(略)組織への幻想を、組織そのものが無残に裏切ってくれた白い朝、彼、マチェックは(略)風にはためく白いシーツを干しめぐらした裏庭で。ショパンの軍隊ポロネーズによる、不気味な幻想の白い仮面舞踏会の夜明けに。」
松田優作の“なんじゃこりゃあー”はチブルスキーを意識していたのかな、とも思うが、加藤さんの文章をタイプしていて「軍隊ポロネーズ?じゃあ、水谷豊の大映ドラマのピアニスト役もそうだ…」と気がついた。(「相棒」に萩原健一をゲスト出演させてやってよ、アキラ!兄貴兄貴って慕ってたじゃん!自分だけ熟年ブレイクはずるい!)

以下、「淀川長治 映画ベスト1000」より引用、「フェリーニの81/2」の項。
「もうこれは映画のあらゆる手法を使い、もうこれ以上の映画はできないと唸ってしまった名作です。主人公の過去や現代が交錯して出てきます。主人公の原稿が書けない苦しみ。(略)のちにブロードウェイでミュージカルになって、ラウル・ジュリアが演じましたが、フェリーニ・タッチにはほど遠いものでした。まさにこれは脚色の手法のすごさ。映画美術の美しさ。ニーノ・ロータの音楽は今も耳に残っています。」
 
なお、「パパラッチ」の語源はフェリーニ監督の映画による。以下、「英辞郎」より引用。
「paparazzi photographers 〔語源〕イタリア語で『やぶ蚊』の意。フェデリコ・フェリーニ監督の映画『甘い生活』に登場するカメラマンにこの名前が付けられた。」
e0295821_18383050.jpg
e0295821_18383857.jpg
e0295821_1838527.jpg
e0295821_1839125.jpg
e0295821_1839944.jpg
e0295821_18391718.jpg
e0295821_18392464.jpg
e0295821_18393287.jpg
e0295821_18394097.jpg

灰とダイヤモンド [DVD]

紀伊國屋書店


[PR]
by stefanlily | 2013-10-04 18:39 | 映画、movie