文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしをつむぐ。* 暮ら...
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikun様 ..
by stefanlily at 16:09
アナログレコード、持って..
by nobikunJ at 18:58
LuckySevenS..
by suezielily at 16:12
以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

三島由紀夫と天皇
at 2019-03-13 17:15
ピクニックatハンギング・ロック
at 2019-03-13 16:48
小林信彦「本音を申せば」
at 2019-03-13 16:31
海外文学過去ログ
at 2019-03-01 00:59
文学記事過去Log
at 2019-03-01 00:14

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

読書・ラジオ日記6

8月15日、「Invitation」と「極上掌編小説」を借りる。
前者はいしだしんじ、石田衣良、伊集院静、片岡義男、車谷長吉、佐野洋、重松清、西村賢太、高橋克彦、高橋源一郎、高橋三千綱、嶽本野ばら、筒井康隆、蜂飼耳、平野啓一郎など30人を収録。
後者は江國香、林真理子、小池真理子、高樹のぶ子、桐野夏生、小川洋子ら8人を収録。




この2冊は初めて読む作家も多く、私がいかに現代作家を読んでいないかということか。
中には、「この人の自意識過多にはついていけない」ので読み通すことができない作品もある。

 FM長崎の「夜はメキメキ」の題名は有名な洋楽のフレーズ、make it, make itから来ていると思われる。
洋楽通でご自身も演奏するロック親父お2人が、リクエストメールを読む事も無く、延々と洋楽の話題を披露する離れ業。「リスナーのメールや葉書を読む時間で放送時間のいくらかを費やす」必要が無い知識に圧倒される。地方在住だから、お二人の若い頃はIT全盛の今よりも洋楽の情報を得るのが難しかったはず。

 NHKFMの「とことん」はDJが変更し、American Popsの特集。「おおたきえいいち」と聞えたが、え、あの大物ミュージシャンの?
50年、60年代の洋楽はオーケストラ演奏の曲も多く、流行歌とはいえ、何か格調高さを保つ必要があるという意識が作り手にあったのだろうか?
タモリ倶楽部の冒頭でかかる曲も紹介された。
e0295821_18105899.jpg
e0295821_1811365.jpg
e0295821_18111161.jpg
e0295821_18112141.jpg
e0295821_18112669.jpg

by stefanlily | 2013-08-20 18:11 | 音楽、music