人気ブログランキング |


文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごと。
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikunJ 様 ..
by suezielily at 17:05
LuckySevenS..
by suezielily at 16:59
Paul Eluardの..
by LuckySevenStars at 15:23
これは面白いですね! ..
by nobikunJ at 18:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:04
スネークマンショー、持っ..
by LuckySevenStars at 16:44
nobikunJ さま ..
by suezielily at 16:37
そうなんですよね・・・。..
by nobikunJ at 17:22
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:01
大楠道代さんがハッコーで..
by LuckySevenStars at 14:55

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

トロイアの女たち
at 2019-07-01 17:56
瀬戸内寂聴、ショーケンを語る
at 2019-07-01 17:14
海外文学過去ログ
at 2019-07-01 00:59
映画記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:50
音楽記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

ラジオ・読書日記

オールナイトニッポンで90年代の洋楽がかかっている。洋楽をよくかけるのは3時以降なのに珍しいな、と思っていたらダイノジの大谷ノブヒコさんだった。木曜日午前1時より。
彼は11時の放送から早い時間帯になった途端に放送終了した、偉人の言葉がどうとか、という番組に出ていた。ジョー・ストラマーが大好きと言っておられたのでへえーっと思ったのだ。
e0295821_18152946.jpg




洋楽誌「Cross Beat」("Music Life”, ”Rock’n on”,” Fool’s Mate”誌よりも若い)にも寄稿しているそうだ。
5月16日の放送では作家の平野謙一郎氏がゲスト。洋楽の話で盛り上がっておられた。
5月23日はダフトパンクの特集で、クラフトワークやYMOの話題に派生し、「細野春臣さんの祖父?はタイタニック号の、日本人唯一の生存者」だとか。
YMOはアルバムの中にコントの要素を入れていた。はい、どちらかというと海賊盤の「スネークマンショー」の中で、ですね。
ポストパンクの流れの一環として、マッドチェスターつまりマンチェスターの特集にはならなかったが、その話題になった。Joy Division, New Order, The Cureの名前が出た。スミスは出なかったが。
「ブルーマンディ」がかかっていたが、ピエール瀧さんがお好きだそうだ。「龍馬伝」で印象的な役を演じておられたそうだが、見ていなかった。
New Orderは再結成しているがベースのP・フックが怒って不参加…知らなかった。
クラブのハシエンダに通っていたのが、ケミカルブラザーズ。
Stone Roses, Radio Head, Oasisには興味ないので、「そうじゃない、スミスでしょ」と突っ込みたい…
Bo Dinesもご存知なのか。知人に送って貰ったテープで知っていただけだが、私も。
「ダンス・ミュージックは『黒人にはなれないが、黒人音楽に対するリスペクト』」だと…名言だ。
番組に葉書を出したくなってきた!
木曜日(金曜早朝)1時はナイティナイン。岡村さんが某芸能人に「挨拶したのに無視された」事は週刊誌にも報道された。 
オードリーのANN。町田市の情報を視聴者から収集しているが、映画”Train Spotting”は原作では町田市の若者についての話だったそうだ。それが英国の話に?
FM東京系列の金曜日(土曜早朝)「やまだひさしのラジアンリミティッド」はFMぽくないというか、昔のANニッポンの乗りだ。ベックの「Loser」を日本のバンドがカヴァーしているのがかかっていた。チャングンソクもゲスト出演(日本語がほぼ完璧)したが、ラルクアンシェルのファンだそうだ。
10時台の「School of Rock」も面白い。今の高校生には同好会ではなくて部活で軽音楽部も顧問も競技会もあり、自主制作のCDではなくてyoutubeなどであっさり世の中に自分達の音楽を配信できるというのは随分恵まれている。その反面、競争も激しいだろうけど。 デモテープを作製して売り込んでいた世代の方々からすると、隔世の感があるだろうな。
FM長崎日曜夜(月曜早朝)の地元のおじ様二人の「夜はメキメキ」。
6月9日ロックの日、というわけでいつもにも増して懐メロ全開。シンリジィやユーライアヒープ。楽曲とバンド名が一致していなかったが聞いたことはあった。「配信事業もいいけど、ジャケットが無いとね」「ZEPの3rdとか3回は買いましたよ。ビートルズファンなんて大変。白ジャケとか色々、沢山出しているから(全部買いたくなる)」「CDになるとAB面関係ないから。コンセプトも違うのに。B面のトップにまたいい曲持ってから。ここからA面、B面って線引いて欲しい」「(Lロンシュタントなどに楽曲提供しているトム・スーンが)じゃあ自分は流行っていなくても印税ガッポリじゃないですか」等々、トークがとても面白い。
フーファイターズのBブラザーズのカヴァー曲を「Nirvanaではドラムやってましたね」って、そうだったのか。カート亡き後。
FMのBig Specialの木曜日、矢島まさあきという声優?さんがDJをやっておられる。リスナーからの葉書で「城達也(ジェットストリーム)、納屋五郎(銭形警部の声)、黒沢りょうさん、矢島さんが車のCMのナレーションを担当しておられた」と。日産、トヨタ、マツダ、ホンダなど企業ごとに声の担当が決まっていたそうだ。多分、私も耳にしていると思う。
 Big Specialの金曜日、リオ?という女性が担当。
”Calling you”がかかった。映画”Baghdad Cafe ”のサントラに収録、男性ヴォーカルのほう。あの映画は伊丹十三監督の「タンポポ」に影響を受けているそうだ。
他に”Going Underground”/The Jam(ギターのピックをかき鳴らす?奏法はPウエラーが一般的に普及させた), “Pop Music”/M (イギリスのロビン・スコットのプロジェクト。デンマークのバンドGang Wayがこの曲のサビ部分を”Rhythm of the Blues”で引用している)がかかった。

 若い人どころか60代以上の方まで使っているのを耳にする「~させて頂く」という表現、一体誰に対する敬語のつもりなのだろう。聞き苦しいこと、はなはだし。

 5月18日、図書館より水上勉「飢餓海峡」、西村賢太「棺に跨る」を借りる。三日で読了。いつもは私が借りる本に何の興味も持たない母が「飢餓海峡」に食いついた。映画の影響か。
「藤真利子が出ていたのを見た」「男の人は誰が演っていた?」「三國さん」「世代が違うでしょうが。三國さんが出たのは左幸子さん!」
…どうして娘に母の世代が知っているはずの映画の事を聞くのだ。(この手のボケをよくかます母である)
左さんは戦時中に「風と共に去りぬ」を読んでいるのを教師に見つかり、何発も殴られたという気骨の少女だったそうだ。
松本清張の作品だと勘違いしていた作品である。
水上氏は中退とはいえ高学歴だからか、ヒロインの八重の描写がちょっと変だ。貧しくて小学校しか卒業していないのに、新聞を見て(読めない漢字もいくつかあるのでは)恩人を訪ねていく。性格なども、令嬢が零落したような人物像に読める。

 読む本が無くなり、三島の選集を読み返していたら、母が「潮騒」の冒頭からつまずいている。「長々と、くどい」…教養ある人物は脇役の二人だけだから、三島もあっさりと書いており、一番?版を重ねている作品である。それでも、これである。
 5月24日、ゾラ「獲物の分け前」、ドストエフスキー「やさしい女、白夜」、山崎豊子「暖簾」、林真理子「グラビアの夜」、谷真介「猫の伝説116話」(小林一茶が猫を詠んだ全句掲載)、池田理代子「ベルばらKids」、くるねこ大和「くるねこ6」、三島由紀夫ムック(別冊太陽)を借りる。

ベルばらのギャグ漫画版は図書館近辺にいる間に読み終えたので直ぐに返却。親戚の子供が夏休みに来る時に続刊を借りよう。冊数は限られているが、漫画本が図書館にあるのも面白い。

室生犀星「愛猫抄」と竹書房の「猫が音楽を奏でる」を予約。前者は絶版かもしれない。後者は新刊なので、図書館の予算で購入してくれるだろうか(今まで井上ひさしのムック本=北野武氏との対談、渥美清主演の戯曲「看護婦の部屋」を収録、などを購入して頂いた)。
夏樹静子氏が福岡在住とは。新刊の、裁判員制度を書いた短編集も面白そう。大御所だが、時代にあった変化をしておられるのが凄い。漫画家では山岸涼子先生の「テレプシコーラ」がそうだった。
e0295821_18154281.jpg
e0295821_18154972.jpg
e0295821_18155769.jpg
e0295821_181652.jpg
e0295821_18161476.jpg

by stefanlily | 2013-06-11 18:16 | 音楽、music