人気ブログランキング |


文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごと。
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikunJ 様 ..
by suezielily at 17:05
LuckySevenS..
by suezielily at 16:59
Paul Eluardの..
by LuckySevenStars at 15:23
これは面白いですね! ..
by nobikunJ at 18:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:04
スネークマンショー、持っ..
by LuckySevenStars at 16:44
nobikunJ さま ..
by suezielily at 16:37
そうなんですよね・・・。..
by nobikunJ at 17:22
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:01
大楠道代さんがハッコーで..
by LuckySevenStars at 14:55

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

トロイアの女たち
at 2019-07-01 17:56
瀬戸内寂聴、ショーケンを語る
at 2019-07-01 17:14
海外文学過去ログ
at 2019-07-01 00:59
映画記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:50
音楽記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

本のまくらQuiz28

下記のア~オの小説、随筆の冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名 1 丸谷才一 2 壇一雄 3 志賀直哉  4 久坂葉子 5 中勘助
作品名  A 兎  B ドミノのお告げ   C 雁の話 D ヨコハマ 朝がゆ ホテルの洋食  E スペインの蟹の足
ア  その次は雁の番だった。彼の姿は鶴や鵠のそれにはとてもおよばなかったし、その茶がかった羽色も雪のように白いのにくらべてはずっと見劣りがしたけれども、彼は彼でやっぱり自分の属する種族の矜りをもって胸をふくらませていた。
e0295821_18305470.jpg




イ  今、兎を一匹飼っている。樫や竹の葉を食わしている。これからは雑草が生えるので楽になる。 兎は前に山科で一度、奈良で一度飼った事があるが、飼って面白い動物とは思わなかった。
ウ  五木寛之さんはいま京都ずまひだが、例の休筆までは横浜に居を構へてゐて、かういふのは愛郷心ではなくて何と呼ぶべきかちよつと判らないが、とにかく横浜に対する愛着はかなりのものである。
エ  私は仏人ミシエル・タビエのシトローエンに便乗して、堂本尚郎画伯夫妻と、パリからまっすぐスペインに南下した。
オ  或る日――  足音をしのばせて私は玄関から自分の居間にはいり、いそいで洋服をきかへると父の寐てゐる部屋の襖をあけました。うすぐらいスタンドのあかりを枕許によせつけて、父はそこで喘いでをります。持病の喘息が、今日のやうな、じめじめした日には必ずおこるのです。

尚、同じ作家で「ドミノのお告げ」と「落ちてゆく世界」の冒頭部分はほぼ同じです。
e0295821_1831653.jpg

e0295821_18312041.jpg
e0295821_18313179.jpg
e0295821_18313985.jpg
e0295821_18315040.jpg
e0295821_18315771.jpg

by stefanlily | 2013-04-04 18:32 | 本のまくらQUIZ