文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしをつむぐ。* 暮ら...
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikun様 ..
by stefanlily at 16:09
アナログレコード、持って..
by nobikunJ at 18:58
LuckySevenS..
by suezielily at 16:12
以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

三島由紀夫と天皇
at 2019-03-13 17:15
ピクニックatハンギング・ロック
at 2019-03-13 16:48
小林信彦「本音を申せば」
at 2019-03-13 16:31
海外文学過去ログ
at 2019-03-01 00:59
文学記事過去Log
at 2019-03-01 00:14

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

男騒ぎのTVドラマ

1月放送開始のTVドラマは割に面白い作品が揃った。久々に複数のドラマを週刊録画している。
ドストエフスキー原作の「カラマーゾフの兄弟」を現代の日本に舞台を移して脚色したドラマ。
主人公達の住む黒澤家の豪華な間取りが舞台演劇のようだ。使用人を含め、この家には女性がいなくて男性ばかり。回想シーンを含めて、女性は出てはくるが、個性の強い男優達に比べて印象が薄い。第1週目の放送を見て、何か「アラビアのロレンス」や「戦場のメリークリスマス」を思い出していたら、大島渚監督の訃報が。
e0295821_18446100.jpg




「男騒ぎ」なドラマはそれだけではない。「シェアハウスの恋人たち」の谷原章介と大泉洋。ともに私の好きな俳優だ。
谷原が、ホームレス姿で水川あさみの同情と戸惑いの視線を撥ねつける場面など、美形なだけに凄みがあった。映画「ダメージ」のJ・アイアンズの零落した姿を思い出した。
その谷原が放送1週目と2週目のラスト、大泉に対して衝撃の行動を。女優陣の陰が薄くなる位に、男騒ぎな展開に。
大泉洋は、私が勝手に「石立鉄男の後継者」と思っている。意外な長身で、二枚目半。繊細な演技でコメディセンスも抜群。
男優達が魅力的なドラマとは反対に、女優達の演技合戦が面白いのが、「おトメさん」と「夜光観覧車」だ。
黒木ひとみは「下流の宴」(原作に忠実にドラマ化して欲しかった)よりも「おトメさん」のほうが、いい。
相武沙紀も「家政婦のミタ」であの役柄では勿体無いと思っていたので、謎の嫁役は快演だ。
「夜光観覧車」の放送数日前、稲垣吾郎と小島慶子の深夜番組に原作者の湊かなえが出演。「告白」のような怖い作品(途中で読み止めた…理由は、猫が…)を書いたとは思えない、可愛らしい方で「アニメ声」で話す。第1回目の放送は、高橋家の、特に妻と次男が親切で、二つの家族の交流の場面の平和さが強調されればされるほど、後の不幸な事件と対照的で恐ろしい。鈴木家の主婦や娘が高級住宅街の女ボスに意地悪をされる場面は怖いが、面白い、と思っている視聴者のほうこそ、意地が悪い。作者は本当に怖い書き手だ。
e0295821_18441511.jpg
e0295821_18442664.jpg

by stefanlily | 2013-01-31 18:45 | 文学、books | Comments(2)
Commented by mofu903 at 2013-02-01 22:43
stefanさん、こんばんは。
スカって、猫にもありましたか!
でも~、スカ猫より、スカ作家のほうが圧倒的に多いと思ふ。
トップの三枚並びのお写真、マッチングが素敵すぎます♥
Commented by suezielily at 2013-02-02 17:05
こんにちは♪ ジャレツトさん、ありがとうございます♪ 確かに スカ作家多いかも 、写真誉めていただいてありがとうございます♪