文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしをつむぐ。* 暮ら...
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikun様 ..
by stefanlily at 16:09
アナログレコード、持って..
by nobikunJ at 18:58
LuckySevenS..
by suezielily at 16:12
以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

三島由紀夫と天皇
at 2019-03-13 17:15
ピクニックatハンギング・ロック
at 2019-03-13 16:48
小林信彦「本音を申せば」
at 2019-03-13 16:31
海外文学過去ログ
at 2019-03-01 00:59
文学記事過去Log
at 2019-03-01 00:14

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

本のまくらクイズ回答

e0295821_16302874.jpg


「ほんのまくらクイズ」と題して、もう1つのブログも併せて今まで記載済みなのは下記の作品、作家です。
作家の小説や随筆の冒頭部分、まくらを紀伊国屋書店の企画の真似をしてみました。各作品の「まくら」については実際に読んでみて確認してみてくださいね。 
芥川龍之介「秋」「一塊の土」安部公房「安部真知宛書簡 第1信」「R62号の発明」「オカチ村物語(一) 老村長の死」「鍵」「壁」「キンドル氏とねこ」「けものたちは故郷をめざす」「(霊媒の話より)題未定」「天使」有吉佐和子「うるし」「王台」「亀遊の死」「三婆」「二代の生けり」「不信のとき」「母子変容」「華岡青洲の妻」「役者廃業」「夕陽ヵ丘三号館」   荒畑寒村 「父親」 有島武郎「僕の帽子のお話」




e0295821_16304372.jpg

e0295821_16305420.jpg

泉鏡花「芥川龍之介氏を弔ふ」「外科室」「高野聖」伊丹万作「私の活動写真傍観史」井上ひさし「赤ん坊を背負った作曲家」「一葉の財産」「NHKに下宿したはなし」「喫茶店学 キサテノロジー」「組曲虐殺」「太鼓たたいて笛ふいて」「ザ・ドーナッツ、考査室と戦う その一」井伏鱒二 「山椒魚」 内田百閒「紅茶」「白浜会」「竹杖記」「机」「前掛けと漱石先生」「<私の文章道の恩人>」宇野浩二「枯木のある風景」「日曜日(あるいは小説の鬼)」「文学の三十年」 江戸川乱歩「意外な犯人」「映画の恐怖」「押絵と旅する男」「鏡地獄」「三角館の恐怖 ロジャー・スカーレット『エンジェル家殺人事件』による」「心理試験」「妻に失恋した男」「二銭銅貨」「人間椅子」「ペテン師と空気男」「防空壕」「屋根裏の散歩者」「指」円地文子「なまみこ物語」 岡本綺堂「影を踏まれた女」「子供役者の死」「修禅寺物語」「火に追われて」「箕輪心中」「指輪一つ」 尾崎一雄「痩せた雄鶏」 織田作之助 「夫婦善哉」 葛西善蔵 「哀しき父」 梶井基次郎「のんきな患者」川﨑長太郎 「ひかげ咲き」  川端康成「雪国」「伊豆の踊り子」 久坂葉子「愛撫」「女」「女」「彩子とお日様」「幾度目かの最期 」「一夜」「入梅」「鏡」「黒い扮装」「計画は空し」「金色の動物」「骨董の中に」「坂道」「終熄」「宿雨の呟き(Ⅰ)」「月の夜」「道程」「特急二十八分」 「ドミノのお告げ」「晩照(Ⅰ)」「晩照(Ⅱ)」「覓子と兼子」「港町風景」「ゆき子の話」「四年のあひだのこと」 久世光彦「消えた狂女たち」 国木田独歩  「春の鳥」  倉橋由美子 「新しさとは何か」「ある恋の物語」「酒と茶」「性は悪への鍵」「世界の果ての泉」「パンドーラーの壺」「三つの指輪」「虫になったザムザの話」「わたしの心はパパのもの」 黒岩涙香「幽霊塔」 小林多喜二「駄菓子屋」「一九二八年三月十五日」 斎藤茂吉「人麿の妻」 坂口安吾「青鬼の褌を洗う女」「阿部定さんの印象」「桜の森の満開の下」「戦争と一人の女」 志賀直哉「兎」「城の崎にて」  澁澤龍彦「骸骨寺と修道院」「鏡について」「カトリーヌ・ドヌーヴ その不思議な魅力」「狂王の城」「シモンの人形(あとがきにかえて)」「絶対を垣間見んとして……」「セバスティアン・コンプレックスについて  三島戯曲の底にあるもの」「洞窟について」「匂いのアラベスク」「人形愛の形而上学」「三島由紀夫覚書」「昔と今のプラハ」「フランス版『サド侯爵夫人』について」「優雅なスペイン・優雅なゴヤ」「理想の庭園」「惑星の運行のように  ルノー / バロー劇団『サド侯爵夫人』を見て」 島崎藤村 「夜明け前」 下村湖人 「次郎物語」 鈴木三重吉「千鳥」 高見順「嗚呼いやなことだ」「甘い土」「今ひとたびの」「インテリゲンチア」「乾燥地帯」「虚実」「草のいのちを」「故旧忘れ得べき」「滑稽的」「この神のへど」「全女性進出行進曲」「ノーカナのこと」「敗戦日記(抄)」「裸木」「描写のうしろに寝てゐられない」「都に夜のある如く」「わが胸の底のここには」 武田麟太郎「日本三文オペラ」 橘外男「恋と砲弾」「酒場ルーレット紛擾記」「逗子物語」「ナリン殿下への回想」 田中英光「オリンポスの果実」「さようなら」 谷崎潤一郎「刺青」「蓼喰う虫」「卍」 田村俊子「春の晩」 壇一雄「火宅の人」「スペインの蟹の足」 寺田寅彦 「芥川竜之介君」「映画時代」「蓄音機」「調律師」 十和田操 「判任官の子」 中勘助 「雁の話」夏目漱石「それから」野間宏「顔の中の赤い月」「暗い絵」「残像」 中里恒子 「忘我の記」 中戸川吉二 「寝押」 長谷川時雨「こんな二人」 林芙美子「幸福の彼方」 久生十蘭「あなたも私も」「海豹島」「英雄」「紀ノ上一族」「教訓」「蜘蛛」「鈴木主水」「女性の力」「虹の橋」「ノンシャラン道中記 八人の小悪魔」「萩寺の女」 「ハムレット」「春雪」「母子像」「ユモレスク」「レカミエー夫人――或は、女の職業」 広津和郎「菊池寛」「『蔵の中』物語――宇野浩二の処女作――」「正宗白鳥と珈琲」堀辰雄「風立ちぬ」 松本清張 「彩り河」「一年半待て」「渦」「乳母将軍」「果実のない森」「カルネアデスの舟板」「恐喝者」「距離の女囚」「高校殺人事件」「彩霧」「潜在光景」「捜査圏外の条件」「喪失」「典雅な姉弟」「逃亡」「二階」「発作」丸谷才一 「ヨコハマ 朝がゆ ホテルの洋食」 三島由紀夫「宴のあと」「海と夕焼」「大阪の連込宿 『愛の渇き』の調査旅行の一夜」「大空のお婆さん」「音楽」「家族合せ」「貴顕」「鏡子の家」「虚栄について」「孔雀」「クロスワード・パズル」「恋重荷」「独楽」「サド侯爵夫人」「侍童」「真珠」「一九六〇年の若者」「創刊四十五周年を祝う」「蝶々」「白鳥」「バレエ日本」「<美容整形>この神を怖れぬもの」「不実な洋傘」「文学に於ける春のめざめ」「真夏の死」「女神」「夜の仕度」「私の顔」 水上瀧太郎 「山の手の子」 宮沢賢治 「風の又三郎」 宮本百合子 「三月の第四日曜」 森鴎外 「高瀬舟」「身上話」 夢野久作 「犬神博士」「お菓子の舞踏会」「キチガイ地獄」「氷の涯」「人間腸詰」 山際淳司 「スローカーブを、もう一球」山本有三 「路傍の石」 米原万里「禁句なんて怖くないけれど」「誤訳と嘘、プロセスは同じ」「懺悔せずにはいられない」

~※~※~※~※~※
ある作家のある初期短編小説を読んだ時、「これは本当にこの作家の文体か?」と思ったことがある。華麗な文章ではあるが、いつもの過剰さが足りない。
作家として本格的にデビューする前に特定の、先輩作家の作品の文体の模倣をしていた時期があるのだろうか。その作家については、そんな事情を読んだような気もする。



かもめのジョナサン - Jonathan Livingston Seagull【講談社英語文庫】

リチャード バック / 講談社インターナショナル


日本探偵小説全集〈4〉夢野久作集 (創元推理文庫)

夢野 久作 / 東京創元社


Realm of the Dead (Japanese Literature Series)

Uchida Hyakken / Dalkey Archive Pr


日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)

堀 啓子 / 中央公論新社


by stefanlily | 2016-01-31 00:00 | 本のまくらQUIZ