人気ブログランキング |


文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごと。
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikunJ 様 ..
by suezielily at 17:05
LuckySevenS..
by suezielily at 16:59
Paul Eluardの..
by LuckySevenStars at 15:23
これは面白いですね! ..
by nobikunJ at 18:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:04
スネークマンショー、持っ..
by LuckySevenStars at 16:44
nobikunJ さま ..
by suezielily at 16:37
そうなんですよね・・・。..
by nobikunJ at 17:22
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:01
大楠道代さんがハッコーで..
by LuckySevenStars at 14:55

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

トロイアの女たち
at 2019-07-01 17:56
瀬戸内寂聴、ショーケンを語る
at 2019-07-01 17:14
海外文学過去ログ
at 2019-07-01 00:59
映画記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:50
音楽記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

文士も芸能人?

作家の西村賢太氏は芸能事務所にも所属しておられるそうだ。ヴァラエティ番組でもよく目にする。最近、同じ週に2回も出ておられるのを見た。 一つはクイズ番組で「インテリ軍団」の一人として。
もう一つは、特番だったかもしれない、男女別に大勢の芸能人が、「結婚できるかできないか」を占う、といった内容だった。 各質問に二つの選択肢があり、最期まで残った人が「結婚できない」という内容だった。
西村氏は早々と「結婚できる」の方へ振り分けられる回答をしておられた。それでは司会者や他の出演者にイジられる機会を失う。西村氏が何を発言するか見たかったので残念。
ちなみに、最期に残った二人は栗原類とマイケル富岡だった。
西村氏はおそらく、敬愛する藤澤清造の全集を出す為の資金稼ぎで芸能活動もしておられるのだろう。勿論、そればかりではないだろうけど。
e0295821_18522650.jpg





文壇(というものが現代の日本の文学界で存在するのか疑問ではあるが)で異彩を放つ西村氏といえども、芸能界は魑魅魍魎が棲む異界だ。もっと個性の強い人々の中では埋もれてしまうのだなあ…と、大勢の芸能人がひな壇に並ぶ番組ではそう見えた。
稲垣吾郎と小島慶子が司会をしている深夜番組では私が知る範囲では、二回の登場。
「何てTV的に美味しいキャラだろう」と思っていたら、その後数回ブラウン管じゃなかった、液晶画面(で、いいのか?)でお目にかかった。 
「吾郎さん、今度飲みに行きましょう」と言いつつ、小島さんには言わなかったな…と思ったら、二度目の登場の際に、「高学歴の女が苦手」と言っておられたので、やっぱりね。
e0295821_18524753.jpg
e0295821_18525835.jpg
e0295821_18531469.jpg
e0295821_18532642.jpg

e0295821_18503834.jpg

e0295821_18505378.jpg
e0295821_18512827.jpg
e0295821_18513440.jpg
e0295821_18514851.jpg

by stefanlily | 2012-11-15 18:51 | 文学、books