人気ブログランキング |


文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごと。
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikunJ 様 ..
by suezielily at 17:05
LuckySevenS..
by suezielily at 16:59
Paul Eluardの..
by LuckySevenStars at 15:23
これは面白いですね! ..
by nobikunJ at 18:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:04
スネークマンショー、持っ..
by LuckySevenStars at 16:44
nobikunJ さま ..
by suezielily at 16:37
そうなんですよね・・・。..
by nobikunJ at 17:22
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:01
大楠道代さんがハッコーで..
by LuckySevenStars at 14:55

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

トロイアの女たち
at 2019-07-01 17:56
瀬戸内寂聴、ショーケンを語る
at 2019-07-01 17:14
海外文学過去ログ
at 2019-07-01 00:59
映画記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:50
音楽記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

本のまくら5

下記のア~オの小説、随筆の冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名 1 三島由紀夫 2 松本清張 3 久生十蘭 4 有吉佐和子 5 澁澤龍彦
作品名 A 「絶対を垣間見んとして……」 B  「虹の橋」 C 「母子変容」 D 「距離の女囚」  E 「恋重荷」

ア 「 紙質の悪い便箋にうすい鉛筆でこの文章を書きます。光線も鈍いから、文字がはっきりうつりません。 昨日、図書室の掃除にはいったら、新しい週刊雑誌が来ていたので、何気なくぱらぱらとめくると、いきなり一つの人物写真が眼を奪いました。」
e0295821_1811470.jpg
 




イ 「 荷風散人が市川の陋巷に窮死したとき、石川淳氏の書いた『敗荷落日』という文章は、私にとっていまだに忘れがたい文章となっている。それは、文学者が文学者の死をあげつらうとはいかなることであるか、――いや、いかなることであるべきであるか、ということを私に教えたのである。」

ウ 「 それはまるで柔軟な鎧のようであった。 千羽鶴を刺繍した鴇色紋綸子の中振袖に、礼子はふくらすずめに結んだ袋帯を締めていた。赤い金銀の扇面くずしの帯の刺繍を、ただよう帯揚の鹿の子絞りと、丸括けのふくよかな帯締めが宥めていた。」

エ 「 躰を動かすと自分の体温であるのに、その温かみがもの懐かしい。耀子は眼を閉じたままベッドの中の感触に朝を感じていた。 何が快いといって熟睡した後の自然なめざめほど気持ちのいいものはない。昨夜は早々に彼女より年下の男が帰って行った。」

オ 「 北川千代は栃木刑務所で服役中の受刑者で、公訴の罪名は傷害致死、刑期は六年、二十八年の三月に確定し、小菅の東京拘置所から栃木刑務所に移され、その年の七月に所内で女児を分娩した。」
e0295821_1803383.jpg

e0295821_1821664.jpg
e0295821_1822250.jpg
e0295821_1823196.jpg
e0295821_1823727.jpg

by stefanlily | 2012-10-16 18:02 | 本のまくらQUIZ | Comments(2)
Commented by ナオ at 2012-10-16 22:07 x
梁塵秘抄の今様、切なくて、良いですよね。。。
ついつい口ずさんでしまいます。
猫ちゃんの写真と合わせて読むと、胸にせまるものがあります。
ところで、「エロイカ」。。。大ファンなので、
ああッッ!!と声が出てしまいました!(ちなみに少佐派です…笑)
Commented by stefanliy at 2012-10-18 14:20 x
ナオ さま、、有難うございます
、「エロイカ」私も好きです、少佐です、私も。ミーシャも結構好きかも。プロだし、脇役の仲では一番。