人気ブログランキング |


文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごと*おうち日和
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

nobikunJ 様 ..
by suezielily at 17:05
LuckySevenS..
by suezielily at 16:59
Paul Eluardの..
by LuckySevenStars at 15:23
これは面白いですね! ..
by nobikunJ at 18:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:04
スネークマンショー、持っ..
by LuckySevenStars at 16:44
nobikunJ さま ..
by suezielily at 16:37
そうなんですよね・・・。..
by nobikunJ at 17:22
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:01
大楠道代さんがハッコーで..
by LuckySevenStars at 14:55

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

松本清張「種族同盟」
at 2019-08-19 18:08
松本清張「寒流」1983年版
at 2019-08-08 18:58
海外文学過去ログ
at 2019-08-01 00:59
映画記事バックナンバー
at 2019-08-01 00:50
音楽記事バックナンバー
at 2019-08-01 00:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

三島由紀夫「愛の渇き」

“Thirst for Love (Ai No Kawaki) “
Written by Yukio Mishima.
Charles E Tuttle Company Tokyo, Japan.

The son of a government official in Yotsuya, Tokyo, Kimitake Hiraoka was born in 1925.
While he was in Gakushuuin high school, he wrote under the “pen name” Yukio Mishima and published “Hanazakari no mori (Forests in bloom)".
He was a very talented young man.
He met Yasunari Kawabata (1899-1972), who recommended Mishima’s works to important magazines.


e0295821_17485060.jpg






 His first major novel was "Kamen no kokuhaku (Confessions of Mask)", appeared in 1949 and established him as a leading writer in the Japanese literary world.

Both Kawabata and Mishima are considered by many critics as the most prominent and important Japanese novelists of the 20th century.
 Mishima was nominated three times for the Nobel prize for literature, while Kawabata won the prize once.
When Kawabata won the prize, he said, “The reason why I got the prize is Mishima is still young”.
Mishima remains a subject of intense interest despite committing hara-kiri (ritual suicide) on November 25, 1970.

Mishima wrote “Thirst for Love (Ai No Kawaki) “ in 1950.

Etsuko, the heroine of this story, lost her husband and became the mistress of her late husband’s father, Yakichi.
She also loved their young servant (garden- keeper), Saburo.
But her love was one-sided as he loved his co-worker, Miyo. Miyo got pregnant and Saburo went back to his hometown to get his mother’s permission to get married.
During his absence, Etsuko fired Miyo.
Etsuko suffered greatly from her love for Saburo, a fact which all the family members, except him, knew about (including her “master”, Yakichi).
Many of Mishima’s heroines belong to the middle class and are very wealthy. They are beautiful, sophisticated, decent and immoral.
Etsuko is one such heroine.
She gets bored with her life and thirsts for love.
News sources: Seidensticker’s writer’s review of Yukio Mishima
Some of them are “frigid” women. He seems to be attracted such “cold-hearted” women.


e0295821_17485994.jpg



愛の渇き (新潮文庫)

三島 由紀夫 / 新潮社


by stefanlily | 2012-08-31 15:28 | Review in English | Comments(2)
Commented by nobikunj at 2012-09-03 18:37
先日、川端が三島にノーベル賞の推薦をお願いしたっていう記事が出てましたよね。
それを読んだときに、その後自殺する川端が、何故かとても可哀そうに思えました。自決した三島と自殺した川端。両者を隔てていたものは何だったんでしょうね。。。
Commented by stefanlily at 2012-09-04 13:10 x
nobikunj様、ご訪問サンキューです!
>川端が三島にノーベル賞の推薦を
あれ?それは知らなかったです、良ければURL送って頂けないでしょうか。川端が「僕が受賞したのは三島君が若いからだ」と言ったのは聞いたことあるけど。
昨年の小久保日本シリーズMVPと同じような。森福投手でも良かったけど先が無いほうを優先した?っていう。
三島が清張を文学全集に入れたくないから川端にお願いして文壇権力の発動!はご存知ですか。「谷崎川端三島の純文学3人が結託して」と清張。出版社側は「反対してるのは三島さんだけです」と言ってもへそ曲げたと。でもその社とはお付き合い続けた、大人だニャ。。。