文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

あだ名はアマデウス

一時期某教会の英会話に通っていた。そこの米国人宣教師達で音楽的才能のある人が多かった。ピアノ、ギターが巧かったり、抜群の歌唱力だったり。 ビリー・アイドル(の顔真似もしてくれた)やキーファー・サザーランド似のR君がS&G「Bridge Over Troubled Water」をよく歌っていた。
普段は低音でシビレる声で話すのに、歌う時は美しい高音が出る、本当に巧かった。 こういった人は日本語を覚えるのも他の人よりも早い。 やはり絶対音感があるからだろう、英会話生徒の我々よりもどんどん日本語が巧くなる、と悔しがった。
知人のK子さんがグランドピアノを購入する際、米国人宣教師でピアノが巧いR君、A君が立ち会った。
全米のジュニアコンクールで2位(他の宣教師に因ると、「本当は1位。彼がジーンズを履いていたので落とされた」)だったというA君がGピアノを試弾、「離れた所で聞いて!」とR君がチェックする。




2人が一致して認めたGピアノ…「この1台以外はゴミです!」というお墨付きはK子さん宅へ。
当時、その話を彼女から聞いて「うわあ、聞いているだけで鳥肌!」と言う位、音楽的才能にあふれた2人であった。
A君ピアノ演奏は天衣無縫で、聴いていて楽しかった。自作の曲も素晴らしく、ちょいと坂本龍一氏を思わせた。 クラシックの専門知識が無い私も、ピアノ演奏経験者である友人達も心を揺さぶられた。
他にもピアノが巧い宣教師は数人いたが、明らかに違っていた。 ピアノを本格的に始めたのも11歳の時だったという。
「ジュリアードを見学したけど、ゲイばっかり」 「ジュリアード!?」
いくら私でも知っているさ、の超難関Julliard School of Musicの名前を事も無げに口にする。
結局、日本での伝道終了後、スタンフォードに奨学金を得て入学したようだが。
アメリカンインディアンの血をひくA君は彫りの深い顔立ち。
彫りが深すぎる欧米人に時々いるらしいが、正面は見えても、横からの視覚が不自由であった。
ピアノを弾く時だけ、特別な眼鏡をかけていた。
A君と親しい宣教師Y君に「コンクールでジーンズを履いていたから2位に落とされたと聞いたけど、インディアンだから、と言う事は無いわけ?」
「ああ…それは…どうだろう?」
この時のY君の反応を明確に覚えてはいないが、否定はしなかったように記憶する。
このキリスト教系?教会の宣教師に聞いていいことではなかったかもしれないが、Y君は初対面でも気安い人ではあったから。 A君に映画「アマデウス」の話をすると、映画の中でアマデウスが逆さまになってピアノを弾く場面の真似をしてくれた。 「有名な作曲家の名曲をアマデウスが弾いてみせるでしょ。
仮面をつけたサリエリが『サリエリの曲を弾け!』で弾いてみたら駄作で、皆がクスクス笑う。
サリエリは引き攣っている。あの場面は本当に怖い。」と言うと、A君は笑ってうなずいていた。
私は彼に「アマデウス」というあだ名をつけた。 Y君に言うと、「アマデウス?ぴったりだ!」と。
[PR]
by stefanlily | 2012-08-31 15:23 | 音楽、music