文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

The Smith

英国のマンチェスター出身であるザ・スミス。 オアシス以前に英国で一番人気、影響力のあったバンドで日本での人気も高かった。 いや、オアシスなんてものではなかった。
私は以前スミス、特にヴォーカルでフロントマンであるモリッシーがあまり好きではなく、
特に日本のスミスファンに馴染めないものを感じていた。
ロッキン・オン誌上でも「太宰治とモリッシー」などと強引に結びつけた内容の記事を目にして、辟易としていた。
いや、そのような題の記事は無かったかもしれないが日本のスミスファンの乗りはそういう感じであった。
…単に食わず嫌いであったのだろうが。
それでも、「This Charming Man」等、好きな曲はあった。
e0295821_17185745.jpg





スミスが解散してから寧ろ積極的に聞くようになった。 後から学習したファン、というか。
モリッシーの書く詩(詞ではなく)は深い。 難解でもある。 米ビルボードトップ20しか興味の無さそうな人には「暗い」と言われた曲もある。
彼の声がVocalというよりはVoice、と形容されそうなふわーっとした質感で、もはや楽器の一部のよう。
その浮遊感ある声質のためか、あまり暗さを感じた事が無い。
ジョニー・マーのギター。
ギター好きの男性ロックファンに高い評価を受けているギタリストの1人である。
これも私をスミスから遠ざけていた理由の一つ…ギターオタクの多い男性ファンが苦手だから。
今ではモリッシーとマーの邂逅は奇跡であった、というのも分かるのだが。
寧ろ曲によっては、マイク・ジョイスのドラムに目を見張るものがある。
ジャケットワークも素晴らしい。 どのアルバム、シングルも、映画など格好良いモノクロ写真を使用。
ジャン・コクトーの「オルフェウス」スチール写真が使われていることもあった。
スミスのレコード(この場合CDではなく、レコードの大きさが絶対必要)をずらりと陳列したら、ちょっとしたギャラリーでの展示会も開けそうである。
彼らの曲のレビューについては、いずれまた。
e0295821_17184051.jpg

[PR]
by stefanlily | 2012-08-24 14:55 | 音楽、music | Comments(2)
Commented by bigblue909 at 2012-08-28 08:56
blog、ふたつやってたんですね、猫の方だけかと思ってました。
私はUKロックに20年前にはまりましたが、stefanlilyさんが聴いてるのはあまり聴いてないようです。UKロックはフランツ・フェルディナント辺りから完全についていけなくなりました。全部同じに聴こえちゃって。私的にはブリットポップの頃が一番面白かったです。今はアメリカと半々ぐらいしか聴かないですね。
Commented by suezielily at 2012-08-29 17:52
bigblue909様 ようこそ!こちらはよりマニアック?に主に音楽映画でいきます。宜しくお願いします。ブリットポップ?ニューロマンチックあたり?カルチャークラブとか?まあ暗いのが好きなので。