文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
Living Well ...
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
暮らしごと
フェルタート(R)・オフ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク
sky blue dro...

最新のコメント

以前エキサイトブロガーだ..
by LuckySevenStars at 11:34
LuckySevenS..
by suezielily at 16:55
観ました! ディライラ..
by LuckySevenStars at 19:21
ボヘミアン・ラプソディ観..
by LuckySevenStars at 16:07
marucox0326 ..
by suezielily at 16:46
こんばんわ。 バー..
by marucox0326 at 21:01
marucox0326さ..
by suezielily at 17:07
お久しぶりです。 こう..
by marucox0326 at 20:23
LuckySevenS..
by suezielily at 17:05
サモワール。鉄板ですね。..
by LuckySevenStars at 13:13

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

シュトルム「大学時代」
at 2018-11-26 18:14
Genius/Microdi..
at 2018-11-15 00:02
ダウントン・アビー シーズン2
at 2018-11-14 23:21
海外文学過去ログ
at 2018-11-10 00:59
ダウントン・アビー1
at 2018-11-02 18:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

和巳投手とA・ズーリン

伊藤みどりという存在
私は伊藤みどり選手を女子Fスケートの最強であると考える。今時、時代遅れと他のファンに笑われそうである。が、少なくともみどりさんのTアクセルという高い技術と、全盛期のTアクセルを含む全てのジャンプの成功率の恐るべき高さは時代遅れどころか、現在の女子競技会で殆どお目にかからないものだ。
フリップとルッツの踏み切りが違うなどという「フルッツ」、彼女の競技会では見たことがない。
NHKのスポーツ報道などでジャンプ6種類を説明する際、女子は伊藤選手、男子はストイコ選手の映像が使われていた。今の女子選手でそういうことがあるだろうか。




あまり大きく報道されなかったが、アルベールビル五輪前にクリスティ山口選手のジャンプは2種ほど踏切が明確ではない、とあった。それが本当ならば、現行ルールで金メダルに相応しいのは誰であったのか。
クリスティ選手がみどり選手のライバル、などと私は思ったことがない。
つくづく伊藤選手は不世出の天才であった。
Well, frankly speaking, I don’t want any other female skater to jump triple axel except Midori Itoh.
Yet any of them do never complete HER skill of jump, not only height but
distance.
和巳投手とA・ズーリン
アスリートの才能や実績と彼らの私生活を混同すべきではない…と理屈では分かるが。
長年、彼等を支え続けた妻と別れてしまい、新しい恋人と新生活をということでその競技者の事が大嫌いになった。 斉藤和巳投手とアレクサンダー・ズーリンのことである。
和巳投手と再婚した女性タレントの事は特に嫌いではない。 彼が元妻と別れた理由は彼女ではなく、別の女性との浮気だったそうだ。それでも、彼女が出演した番組で人気司会者(彼も離婚経験者)が「子供は何人欲しい?」と聞く方も応える方も夫の前歴を「無かった事」のようにやり取りするのは、別れた娘さんがTV見れないじゃないか、と自分の事のように憤った。
アレクセイにしても、マイヤの手作りのセンス良い衣装や、彼らの美しいチームワークがもう見られない、とあっては「あの瞬間を返して」と言いたくなる。
カンデンスキーの展示会を鑑賞していた女性が、画家の経歴を見て「この人、浮気したの?そんな画家の作品なんて」と芸術としての評価を下げた、というコラムを見た。
そんな事言っていたら多くの芸術家が「浮気者の芸術は認められない」という事態に…と笑ってしまった。
でも、私の和巳、アレクセイへの評価の下落もその女性の考え方とどう違うの、ということに…あわわ。 ファンとは勝手なものだ。

[PR]
by stefanlily | 2012-08-20 16:50 | 野球、Baseball