文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
日々と木曜茶会と兎舎と
ビーズ・フェルト刺繍作家...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52
marucox0326さ..
by suezielily at 15:49

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

ボールドウィン『ビール・スト..
at 2017-08-18 16:14
海外文学過去ログ
at 2017-08-06 17:59
文学記事過去Log
at 2017-08-03 00:14
フォークナー「八月の光」
at 2017-08-02 18:26
映画記事バックナンバー
at 2017-08-01 17:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

タグ:ピーター・オトゥール ( 2 ) タグの人気記事

映画記事バックナンバー

  • 過去ログのリンクに飛んでいけるように致しました。TVドラマ、も同じ項目に入れています。

    スクリーンの中に英国が見える [ 2017-07 -01 ]

  • e0295821_17592476.jpg





  • 続く…
    [PR]
    by stefanlily | 2017-08-01 17:50 | 映画、movie

    映画における「無冠の帝王」

    Matchaさんの「少し古いけどちょっといい歌~マッチャのカラオケライブ」によると(Wikiからの引用だそうだが)、ニーノ・ロータが「ゴッドファーザー」で1973年のアカデミー作曲賞にノミネートされていたが、盗作騒動により候補から外されたとか。
    Nロータと言えば、フェリーニ映画の印象が強い。 淀川長治氏が「Nロータの死と共にフェリーニ作品も力が無くなった」と言い切っておられた。他の監督作品とは言え、盗作騒動など信じられない思いである。
    「ゴッドファーザーPARTII」は1974年のアカデミー作曲賞を受賞しているとか。
    以前ノミネートされたもしくはされなかったから、その後同じ候補者が別の作品で受賞することを「センチメンタル・チョイス(同情票)」という。 その場合、受賞した作品(もしくは俳優)はそれ程でなくても、受賞するケースもある。 受賞に至らなかった作品(人)の方が優れていたのは明白で、後年「あの時はごめんね」の感情が審査員にあるのかも。
    e0295821_14404815.jpg


    続くニャ
    [PR]
    by stefanlily | 2012-09-07 14:54 | 映画、movie | Comments(0)