文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごとの日々。
オフフープ™立体刺繍、フ...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

nobikunJさま ..
by stefanlily at 16:33
ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

モンテ・フェルモの丘の家
at 2017-10-18 17:22
いまモリッシーを聴くということ
at 2017-10-11 18:05
ドストエフスキー「悪霊」
at 2017-10-11 17:54
海外文学過去ログ
at 2017-10-10 17:59
デヴィッド・ボウイ・ヒストリ..
at 2017-10-06 17:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

Slow Drowning/The Beloved

ヘッダーを自分の写真にしたい場合、800×300という大きさに指定されるので、どうしても横長で縦が短いバランスになる。 そこで、(マイクロソフトのペイントの場合だが)伸縮と傾きを決める際に、水平方向 → に30パーセント、垂直方向 ↓ に60パーセントという割合に縮小する。
e0295821_1652188.jpg


続きを読む。。。
[PR]
# by stefanlily | 2012-08-30 17:25 | 音楽、music

シェークスピアの猫

「シェークスピアの猫」というブログ題は、大好きなThe Smithの曲、 “Shakespeare's Sister”から拝借した。他の曲名も候補に挙げたが、何しろスミスの曲というと、”Still Ill”、 “Meet is Murder”、 “The Queen is dead”、 “Girlfriend in a coma”、“Bigmouth Strikes Again”などと物騒な題がある。
e0295821_17184449.jpg


続くニャ
[PR]
# by stefanlily | 2012-08-30 17:19 | 音楽、music

The Smith

英国のマンチェスター出身であるザ・スミス。 オアシス以前に英国で一番人気、影響力のあったバンドで日本での人気も高かった。 いや、オアシスなんてものではなかった。
私は以前スミス、特にヴォーカルでフロントマンであるモリッシーがあまり好きではなく、
特に日本のスミスファンに馴染めないものを感じていた。
ロッキン・オン誌上でも「太宰治とモリッシー」などと強引に結びつけた内容の記事を目にして、辟易としていた。
いや、そのような題の記事は無かったかもしれないが日本のスミスファンの乗りはそういう感じであった。
…単に食わず嫌いであったのだろうが。
それでも、「This Charming Man」等、好きな曲はあった。
e0295821_17185745.jpg


続きを読む
[PR]
# by stefanlily | 2012-08-24 14:55 | 音楽、music | Comments(2)

The Cure 「Love Cats」

英国のバンド、The Cure のLove Catsという歌がある。
ロバート・スミスのほぼワンマンバンドであるが。
ロバスミがそもそも、長毛の猫が更にデブったような容姿、ネコっぽい。
歌詞もネコ好きが過ぎて…といった内容。 一部引用。まー、猫馬鹿振りでしょう?
e0295821_17231574.jpg

e0295821_17233491.jpg

Japanese Whispers

The Cure / Polygram UK



続きを読む
[PR]
# by stefanlily | 2012-08-24 14:51 | 音楽、music | Comments(0)

Pale Fountains

英国リヴァプール出身のバンド・Pale Fountainsの1stアルバム「Pacific Street」をこの頃聞いている。
vo,gであるマイケル・ヘッドのほぼワンマンバンドと言っていいかもしれない。
トランペットは元Dislocation DanceのAndy Diagram。 関節外れた舞踏…とは奇妙なバンド名、さすが英国。
「Bottle of Red Wine」という曲を覚えている。 Pass me the Bottle of Red Wine…って素敵な曲だった。
Fountainsにおいても印象的な演奏を聞かせてくれている。ごめん、ワンマンバンドなんて言って。
アルバムジャケットの写真がいい。 険しい表情の若い兵士。撮影後、カメラマンは射殺されたといういわくつき。 このエピソード、Wikiに記述無し。 私にネタ提供しろって?
「failed to make any commercial headway, but they achieved some critical praise
商業的な進歩には成功していないが、評価は高かった」
ハイ、私が好むのはそのような方々ばかり。 いい表現ですね、このように言うのか。覚えよう。
「5年で廃れるものは芸術じゃない」なんてクラシックのおねいさんに言われるとさ、違うよ!って。
e0295821_17254750.jpg

e0295821_1726742.jpg

Pacific Street

Pale Fountains / EMI Europe Generic



続きを読む
[PR]
# by stefanlily | 2012-08-24 14:48 | 音楽、music | Comments(0)