文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
日々と木曜茶会と兎舎と
ビーズ・フェルト刺繍作家...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52
marucox0326さ..
by suezielily at 15:49

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

ボールドウィン『ビール・スト..
at 2017-08-18 16:14
海外文学過去ログ
at 2017-08-06 17:59
文学記事過去Log
at 2017-08-03 00:14
フォークナー「八月の光」
at 2017-08-02 18:26
映画記事バックナンバー
at 2017-08-01 17:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

フォークナー「響きと怒り」

 フォークナーの「響きと怒り」を読んだ。

以下、原文より抜粋。

e0295821_17585185.jpg






「APRIL SEVENTH, 1928

Through the fence, between the curling flower spaces, I could see them hitting. They were coming toward where the flag was and I went along the fence. Luster was hunting in the grass by the flower tree. They took the flag out, and they were hitting. Then they put the flag back and they went to the table, and he hit and the other hit. Then they went on, and I went along the fence. Luster came away from the flower tree and we went along the fence and they stopped and we stopped and I looked through the fence while Luster was hunting in the grass.

“Here, caddie.” He hit. They went away across the pasture. I held to the fence and watched them going away.

“Listen at you, now.” Luster said. “Aint you something, thirty-three years old, going on that way. After I done went all the way to town to buy you that cake. Hush up that moaning. Aint you going to help me find that quarter so I can go to the show tonight.”」

別の箇所ですが↓

「ボクは泣いていなかったけど、止まらなかった。泣いていなかったけど、地面がじっとしなくて、するとボクは泣いていた。地面がぐんぐん坂になって、牛たちが丘をかけあがった。ティー・ピーが起きようとした。ティー・ピーがまた倒れて、牛たちが丘をかけおりた。クエンティンがボクの腕をつかんで、ボクたちは納屋に行った。すると納屋がいなくなって、ボクたちは納屋が戻ってくるまで待った。戻ってくるのは見えなかった。納屋はボクたちのうしろに来て、クエンティンは牛たちがごはんを食べる桶の中にボクを入れた。桶もいなくなろうとしたので、ボクはぎゅっとつかんだ。」

サリンジャーはもしかしてフォークナーの影響を受けてるかなあ、と思った。
筒井康隆もかな。
なかなか歯ごたえのある作家でしたよ、お勧めです。

ところで、「ビリー・エリオット(リトルダンサー)」が日本でも舞台化されているようだけど、
音楽が映画(サントラCDを所持)と 違うだろーーーーー! エルトン・ジョンなんて入ってないだろうがーーー。
同じ英国でも彼には興味無いからなあ、私は。

e0295821_16575322.jpg

















響きと怒り (講談社文芸文庫)

ウィリアム・フォークナー/講談社

undefined




[PR]
by stefanlily | 2017-07-17 16:11 | 文学、books(海外) | Comments(4)
Commented by nobikunJ at 2017-07-17 18:19
フォークナーを語らずしてアメリカ文学を語るなかれ、と言われるほど巨大で計り知れない影響力を持った作家ですが、やはりその文体は多くの作家、ピンチョンやエリクソン、マルケスなんかにもその影響を見て取れますよね。
マイルス・デイヴィスがホワイトハウスに招かれた時、白人の女性から「あなたは何をされた方ですか?」と問われ、「私は世界の音楽を2、3回変えただけですが、あなたは白人で生まれた以外に何かされたのですか」と返したという有名な逸話があります。マイルスが音楽を変えてしまったのなら、フォークナーは小説自体を変えてしまったと言ってもいいのかもしれませんね。
Commented by stefanlily at 2017-07-19 17:12
nobikunJさま

マルケスはなんかそんな感じしますね。
意識の流れ、という文体はジョイスのユリシーズからの影響もあるそうです、これがまだ登頂していない大山脈文学の一つですわー。
「あなたは白人で生まれた以外に何かされたのですか」うわわー。凄い。返す言葉が無かっただろうか、その女性。
Commented by LuckySevenStars at 2017-07-25 13:21
「少年たちが“リトル・ダンサー”になる瞬間」
見るぞー。
Commented by suezielily at 2017-07-30 16:44
LuckySevenStars さま
>「少年たちが“リトル・ダンサー”になる瞬間」
見るぞー。

舞台見に行かれるのですね。
吉田鋼太郎さんはいいのだけど、映画とは別物という感じですね。。。