文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごとの日々。
フェルタート™・オフフー...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

nobikunJさま ..
by stefanlily at 16:33
ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

ジュールズ倶楽部 にJ・スト..
at 2017-11-10 17:06
ドストエフスキー「カラマーゾ..
at 2017-11-10 16:34
海外文学過去ログ
at 2017-11-01 17:59
音楽記事バックナンバー
at 2017-11-01 00:45
三島由紀夫「告白」
at 2017-10-31 17:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

貧しき人々

 本文より抜粋。ドストエフスキー作・北垣信行訳

http://www.gutenberg21.co.jp/poor.htm

e0295821_17590757.jpg





四月八日
  私のかけがえのないワルワーラ・アレクセーエヴナ様! 
  私、きのうは幸福でした、とても幸福でした、これ以上は望めないくらい幸福でした! 意地っ張りやさんのあなたが、たとえ一生に一度にもせよ、私のいうことを聞いてくださったわけですからね。ゆうべ八時ごろ目をさまして(ワーリニカさん、あなたもご存じのように、私は勤めから帰ったあと一、二時間昼寝をするのが好きなのです)、ろうそくを出し、紙を用意して、鵞(が)ペンを削っていました。が、ふと目をあげたとたんに……私は胸がそれこそ激しく躍(おど)りましたよ! ああ、やっぱりあなたは私が望んでいたことを、心に願っていたことを察してくださったんですね! 見れば、あなたの窓のカーテンの端が、私があのときあなたにそれとなく匂わしておいたとおり、ちゃんと折り曲げて、鳳仙花(ほうせんか)の鉢にひっかけてあるじゃありませんか。それと同時に私には、窓際にあなたのかわいいお顔がちらりと見えたような気がし、あなたもお部屋から私のほうを見ていらっしゃるのだ、あなたもやはり私のことを考えてくださっているのだとさえ思いました。
  ですから、ワーリニカさん、私はそのとき、あなたの愛くるしいお顔をはっきりと見きわめられないのが、いまいましくてなりませんでした! ワーリニカさん、そりゃこの私どもにしたって、はっきりと物が見えた時代もあったんですよ。まったく年はとりたくないもんですねえ、ワーリニカさん! この頃は、しょっちゅうなんとなく目先がちらちらしましてねえ、前の晩にちょっとでも仕事や書きものでもしようものなら、もうそのあくる朝は、目は赤く充血するし、涙は流れるし、まったく人前に出るのが恥ずかしいくらいなんですよ。それでも私の心眼には、あなたの微笑が急に輝き出して見えたんですよ、ワーリニカさん、あなたの善良そうな、愛想のいい微笑が。そして私は胸に、ほら、おぼえておいででしょう、ワーリニカさん、私あなたに接吻をしたでしょう、あのときの感じと寸分ちがわない感じをおぼえたんです。

[PR]
by stefanlily | 2017-06-30 16:48 | 文学、books(海外) | Comments(0)