文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
日々と木曜茶会と兎舎と
ビーズ・フェルト刺繍作家...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52
marucox0326さ..
by suezielily at 15:49
計100本に目を通して、..
by nobikunJ at 10:36
こんにちわ。 「戦艦ポ..
by marucox0326 at 20:23
「旅芸人の記録」 ビク..
by stefanlily at 17:38

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

Faulkner「響きと怒り」
at 2017-07-17 16:11
松本清張「山峡の湯村」
at 2017-07-15 17:00
映画記事バックナンバー
at 2017-07-07 17:50
海外文学過去ログ
at 2017-07-06 17:59
音楽記事バックナンバー
at 2017-07-03 00:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

スクリーンの中に英国が見える

「 スクリーンの中に英国が見える」を借りた。国書刊行会、著者は 狩野良規
 以下、HPより目次の抜粋。


e0295821_17594155.jpg






「はじめに  第1部 イギリス的なるもの   1 イギリスは暗い   『モーリス』、『アナザー・カントリー』
 2 二つの国民と言語  『マイ・フェア・レディ』 3 底辺から見たイギリス   
 4 E・M・フォースターのイタリア  『眺めのいい部屋』」

 狩野氏は欧州の映画についての本を二冊出しておられて、英国映画だけ別個に書いたということでしょう、いやー。面白かった。

しかし、戦場のメリークリスマス が英国映画かというと、うーん。
違うような。
坂本さんの演技はともかくとして、日本人側は良く描けてると思うが、英国人はどうかなー。

たとえば、アラビアのロレンス を演じたピーター・オトゥールは表情や演技で、英国で色々あったのね、っていうのがあったけど、
ボウイ様の演じたセリアズは、弟に対する罪の意識で軍へ入隊して、死にに行く、的な?今ひとつ説得力が無かったような。






[PR]
by stefanlily | 2017-07-01 16:34 | 映画、movie | Comments(2)
Commented by nobikunJ at 2017-07-17 18:10
イギリス映画というと真っ先に思い出すのがマイケル・ウィナーの「脱走山脈」。
マイケル・J・ポラードがすごくいい味を出していて、それこそ理屈抜きの面白さでした。
あとは田宮二郎の「イエロー・ドッグ」も日英合作でしたね。
田宮の自殺の原因は、この映画の失敗だったとの噂も・・・。
イギリス映画って、何か一筋縄ではいかないような印象です・・・。
Commented by stefanlily at 2017-07-19 17:14
nobikunJ さま
>脱走山脈
お、それは未見ですわ。。
> 田宮の自殺の原因は、この映画の失敗だったとの噂も・・・。
あー、それと、M資金でしたっけ?