文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
日々と木曜茶会と兎舎と
ビーズ・フェルト刺繍作家...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52
marucox0326さ..
by suezielily at 15:49

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

ボールドウィン『ビール・スト..
at 2017-08-18 16:14
海外文学過去ログ
at 2017-08-06 17:59
文学記事過去Log
at 2017-08-03 00:14
フォークナー「八月の光」
at 2017-08-02 18:26
映画記事バックナンバー
at 2017-08-01 17:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

ジョルジュ・サンド「愛の妖精」

 ジョルジュ・サンド「愛の妖精」を借りた。
宮崎嶺雄訳、岩波文庫。
e0295821_16251286.jpg





以下、本文より抜粋。
「誰でも知っていることだが、このファデーとかファルファデーとかいうのは、ほかのところでは鬼火の精という人もあるが、なかなか人なつっこいくせに、少し悪戯気のある小鬼だ。それからまた、ファードという妖精もあるが、この方はこの辺りではもうほとんど信じている人はない。しかし、それが小さい妖精という意味にしろ、女の小鬼という意味にしろ、誰でもこの娘を見るとあのフォレーを見るような気がしたというのは、この娘がまた、ちっぽけで、やせっぽちで、髪の毛を振り乱して、そのくせ人を人とも思わないようなところがあったからだった。とてもおしゃべりで憎まれ口をよくいう娘だったが、蝶々のようにお転婆で、駒鳥のようにせんさく好きで、こおろぎのように色が黒かった。」
「『ほんとに、いやんなっちまうな。どうして、そういつまでもはっきりしないんだ。ファデット、いいかい、こっちの言うことはたった一つさ――もし兄さんの生命があぶなくて、それでお前が今すぐおれをそこへ連れてってくれりゃ、家にあるもんなら、雌鶏だろうが雛子だろうが、山羊だろうが仔山羊だろうが、うちのお父さんやお母さんが、お礼にお前にやらないなんていうものはありゃしないよ、そりゃもうきっとだよ』
『じゃいいわ、その時になりゃ、わかるから』と、そう言いながら、ファットはかさかさした小さい手をランドリーの方へ突き出して、約束のしるしに手を握り合おうとしたが、ランドリーはその手を握る時、思わず少しからだがふるえたというのは、その時、ファデットの眼は恐ろしくぎらぎら光っていて、まるで妖精の化身のように見えたのだった。」
「『さあ、ファデット、早く頭巾をかぶれよ。そうして、おれといっしょに踊るんだ。その帽子が取れるもんなら取りにきてみろ』
『もういいのよ』と、涙を拭きながらファデットは言った。
『今日はもういいかげん踊ったんだもの。あとの約束はすんだことにしとくわ』
『駄目だ、駄目だ、もっと踊るんだ』とランドリーは言ったが、勇気と雄々しい心に燃えてもう無我夢中だった。
『おれと踊ったらひどい目に会わされるなんて、誰にも言わせないようにするんだ』
 ランドリーはそこでもう一度ファデットと踊ったが、今度は一言も口をはさむものもなく、変な目つきを浴びせるものもなかった。マドレーヌとその取り巻き連中はもうほかの方へ行って踊っていた。こうして踊りがすんでしまうと、ファデットは低い声でランドリーに言った――
『今度こそ、ほんとにもうたくさんだわ。もうあんたのこともこれで気がすんだから、あの約束はもういいのよ。あたしはうちへ帰るわ。晩は誰でも好きな人と踊ってちょうだい』」
 
ファデットにはサンド自身が反映されてるそうだ。

彼女の作品は初めて読んだが、もしかして ファンション・ファデ という題でアニメがあったような。
あったとしても、赤毛のアンとか、ちょっと風変わりな少女が成長していく様、とかそっちを強調していたかもしれない。
e0295821_1628838.jpg

e0295821_16282235.jpg

e0295821_16291438.jpg

e0295821_16292526.jpg

e0295821_16293880.jpg

文藝春秋 2013年 12月号 [雑誌]

文藝春秋


[PR]
by stefanlily | 2016-11-11 16:21 | 文学、books(海外)