文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごとの日々。
フェルタート™・オフフー...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

nobikunJさま ..
by stefanlily at 16:33
ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

John Peel セッショ..
at 2017-12-11 17:35
ドストエフスキー「未成年」
at 2017-12-08 17:36
ギッシング短編集
at 2017-12-04 18:09
野口冨士男『感触的昭和文壇史』
at 2017-12-03 16:09
海外文学過去ログ
at 2017-12-02 17:59

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

ノーベル文学賞報道官はボウイがお好き

Bob Dylan wins Nobel Prize for Literature
http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-37643621
https://www.theguardian.com/books/2016/oct/13/bob-dylan-wins-2016-nobel-prize-in-literature
 ミュージシャンがノーベル文学賞?、アリなのかなあ。

e0295821_15333921.jpg




 一部抜粋。
「Sara Danius, permanent secretary of the Swedish Academy, said Dylan had been chosen because he was "a great poet in the English speaking tradition".

"For 54 years now he's been at it reinventing himself, constantly creating a new identity," she told reporters in Stockholm.

The singer is due to perform later at the Cosmopolitan hotel in Las Vegas.」
「Danius advised those unfamiliar with the work of Dylan to start with the 1966 album Blonde on Blonde. “It’s an extraordinary example of his brilliant way of rhyming, putting together refrains, and his pictorial way of thinking,” she said. When she was young, Danius admitted, she was “not really” a Dylan fan, preferring the works of David Bowie. “Perhaps it’s a question of generation – today I’m a lover of Bob Dylan,” she said.」
これで来年以降、春樹さんはますます受賞が困難になったのかも。
ミュージシャンがアリ、ならば来年以降、例えばポール・マッカートニーあたりが候補に、というのもあるかもしれないし。
ちなみに、ある報道局で賞を発表した女の方にインタビューしていた。
「私はD・ボウイが好きだが、世代的なことだろう」って、おお!
口には出さないが、もし存命ならばミュージシャンが候補になるのならば、彼だって、という思いだったかなあ。
Sara Daniusさんは検索すると、ボウイの扮装を真似た画像が登場しました~♪
 昨日の渋谷陽一さんのラジオ番組、新譜の紹介に徹底していて、この話題には触れなかった。
Bob Dylan も当然、お好きだろうけど。
e0295821_15335268.jpg

e0295821_1534135.jpg

e0295821_15343431.jpg

e0295821_15344443.jpg

e0295821_1534557.jpg

スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫)

プーシキン / 岩波書店


[PR]
by stefanlily | 2016-10-15 16:30 | 音楽、music | Comments(2)
Commented by nobikunJ at 2016-10-30 10:36
あ、そういわれると、なんかあの女性、都会的で、ボウイっぽかったような気がします。
少なくともディランを聴いている感じではなかったですよね。
村上春樹、もういいのではないか、という気もします(笑)
このまま受賞しないで、伝説の作家になってほしいです。
Commented by suezielily at 2016-11-08 16:50
nobikunJ さま..
そうそう、あの女性、知的なかんじでしたしね。
お若い頃の画像?も出てきてボウイさんみたいな扮装なさっていて。

春樹さんにアンデルセン賞ですか、同じ北欧の国が残念賞みたいな。そんで彼も、授賞式の場で政治的なスピーチに利用なさってて、やや気負いがある気がします。