文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
ことえりごとの日々。
フェルタート™・オフフー...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

nobikunJさま ..
by stefanlily at 16:33
ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

ジュールズ倶楽部 にJ・スト..
at 2017-11-10 17:06
ドストエフスキー「カラマーゾ..
at 2017-11-10 16:34
海外文学過去ログ
at 2017-11-01 17:59
音楽記事バックナンバー
at 2017-11-01 00:45
三島由紀夫「告白」
at 2017-10-31 17:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

My Beautiful Laundrette

板倉厳一郎、スーザン・K・バートン、小野原教子の共著である「映画でわかるイギリス文化入門」より、
「マイ・ビューティフル・ランドレット」の項。
――この章で学ぶこと…… パキスタン系移民、サッチャー時代と移民、ハイブリディティ、アジア人社会と同性愛――
e0295821_18302381.jpg




――あらすじ……「1980年代、サッチャー政権下のロンドン。パキスタン系移民の青年オマールは実業家の叔父ナセルに誘われ、コインランドリーの経営を任される。幼なじみの白人ジョニーと再会するが、彼は住むところも持たずに移民を恐喝してうさを晴らすような生活を送っていた。(略)この作品は、映画研究の分野では最も参照されることの多いイギリス映画のひとつで、イギリス文化を学ぶうえでも重要だ。」
参照される云々は知らなかった。That is very likely.(さもありなん)

アイルランド人(英国人というよりはアイリッシュというアイデンティティを強く持つという)なのにとうとう、リンカーン役まで演じる俳優になってしまったDDルイスの出世作の一つ。同じ時期に「眺めのいい部屋」でスノッブな青年貴族の役を演じて、映画ファンの度肝を抜いた。

オマールとジョニーが再会した時、他の友人達(right wingとは欧州の場合、有色人種差別)を振り返って気まずそうに「これが俺の今の仲間…」と言う。
会えて嬉しいと喜ぶオマールもジョニーとの友情を復活させるにつれ、「僕らを排斥するデモに君の姿を見た時は哀しかった…」と告白。謝罪の代わりに妖しいムードを醸し出すジョニー。複雑だが爽やかな友情関係のお話と思いきや、「え、この二人、そうだったの。ジョニーったら、過去の過ちを『カ○ダで返す』だなんて…キャー」と目を丸くしていた私である。
洗濯機の上を軽々と跳び越えるジョニーのカッコいいこと!

ミュージシャンと違って英国の俳優はジーンズなどカジュアルな服装が似合わないのだが、DDルイスだけは別だ。
ジョニーの仲間で一番仲が良かった青年が、オマールのランドリーで他の仲間達と暴れるのだが、一瞬の躊躇の後、ジョニーを殴る代わりに物をガラスに向かって投げつける場面も印象に残っている。
e0295821_18303738.jpg

e0295821_18304725.jpg
e0295821_18305352.jpg
e0295821_1831095.jpg
e0295821_1831619.jpg
e0295821_18311373.jpg
e0295821_18311956.jpg
e0295821_18313629.jpg
e0295821_18314384.jpg
e0295821_18315145.jpg

Collected Screenplays: "My Beautiful Laundrette", "Sammy and Rosie Get Laid", "London Kills Me", "My Son the Fanatic" v. 1

Hanif Kureishi / Faber & Faber


[PR]
by stefanlily | 2013-11-18 18:31 | 映画、movie | Comments(4)
Commented at 2013-11-19 16:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by etmonchien at 2013-11-20 18:21
ファン申請ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。
suzielilyさんのblog素敵ですね。
映画、音楽に本と大変勉強になります!
Commented by stefanlily at 2013-11-26 18:30
etmonchien様
改めまして、初めまして、ファン申請ご承認有難うございました。
nobikunJ様の所から強引に雪崩れ込んで参りました。
お洒落なブログですね! 過去ログ拝見しました。
村上春樹さんはエッセイと翻訳なさったものと柴田元幸さん関連のものしか読んだ事ないのです。ラジオ番組はちらっと聞きました。中国など、外国の読者達の読み方が面白いなと思いました。
ボウイ様は好きです! デビ、というと私はデビ汁じゃない、シルヴィアンのほうを連想するので、ボウイ先生とか呼んでいますね、恐れ多くて(笑)。
ではまた、今後とも宜しくお願い致します。
Commented by スージーリリー at 2013-11-29 16:15 x
鍵コメント様、ありがとうございます!
b先生は 人物画を描かないのでしょうか、とご本人と奥様がおられたので失礼な質問しました。。。難しいと感じるそうです。別会場で唯一の自画像見ましたが、素敵でしたよ。