文学、音楽、映画、猫の写真


by stefanlily

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽、music
映画、movie
文学、books
野球、Baseball
猫関連、Cats
芸術、Art
猫文学cat's books
Review in English
本のまくらQUIZ
小説(my own works)
文学、books(海外)
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

おいらとJazzと探偵小...
ぐうたら日和
近所のネコ2
お母さんの味を忘れたくないから
Neko panchi ...
☆ねこにはかなわぬ☆
正方形×正方形
ネコは猫でも... (...
深夜を廻る頃・・・
気まぐれ感想文
光と影をおいかけて
畳ねこ
ねこ旅また旅
ネコと文学と猫ブンガク
猫、ネコ、Neko!! ...
なびかせろ!たてがみ
日々と木曜茶会と兎舎と
ビーズ・フェルト刺繍作家...
月猫にっき
くぼのジュエ
猫と文学とねこブンガク

最新のコメント

ボールドウィンだなんて、..
by nobikunJ at 08:59
LuckySevenS..
by suezielily at 16:44
「少年たちが“リトル・ダ..
by LuckySevenStars at 13:21
nobikunJ さま..
by stefanlily at 17:14
nobikunJさま ..
by stefanlily at 17:12
フォークナーを語らずして..
by nobikunJ at 18:19
イギリス映画というと真っ..
by nobikunJ at 18:10
鍵コメントさま こちら..
by stefanlily at 17:46
nobikunJさま ..
by suezielily at 15:52
marucox0326さ..
by suezielily at 15:49

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます

最新のトラックバック

芸術の秋2013
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・は行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・な行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・た行
from シェークスピアの猫
映画ひと言コメント・か行
from シェークスピアの猫
へそくり (5)
from シェークスピアの猫
へそくり (6)
from シェークスピアの猫

ライフログ


Hatful of Hollow

検索

タグ

最新の記事

ボールドウィン『ビール・スト..
at 2017-08-18 16:14
海外文学過去ログ
at 2017-08-06 17:59
文学記事過去Log
at 2017-08-03 00:14
フォークナー「八月の光」
at 2017-08-02 18:26
映画記事バックナンバー
at 2017-08-01 17:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧

林真理子狂想曲

「金スマ」に林真理子氏がゲスト出演なさった。最新刊の「野心のススメ」がとても売れているという。
2年前程、週刊文春連載中のエッセイ(文春の豪華連載陣の中でも、特に前の方のページに掲載=一番人気ということだろうか)に「最新刊が今までで最低の初版部数」とお嘆きだったので、まさか傑作「下流の宴」のことだろうか、と驚いたものだ。
e0295821_18372290.jpg





番組はご本人もスタジオに登場し、幼少時から学生時代、下積み時代から現在への半生の紹介、豪華な自宅とお住まいの町並、自著を平積みしている書店なども見せていた。
安積アナは真理子さんが口を開く度に「五分に一度は自慢話ですね」と茶化していたが、どうすればテレビ的に面白く見せられるかを計算したかのような彼女の言動に「さすが作家、構成力がある」とも。

長年彼女のエッセイは読んできたつもりだが、中学生の頃はイジメにあったことは知らなかった。
幼馴染のサナエちゃん(エッセイに頻繁に登場)を初め、友人には恵まれた人だと思っていたので。
敏腕秘書のハタケヤマ嬢らしき人もチラ、と写った。
予約録画時間を間違えたので番組後半を一部見ていないが、私が見た範囲では、林真理子史の中で二つの重大事件について、全く触れられていない構成だった。
それは、コピーライターの師匠であるI氏と絶縁したことと、子連れ出勤の可否を問うた「アグネス論争」について。あの内容では、初めて彼女の事を知った人が林氏はI氏と今でも交流があると勘違いしないだろうか。

 私はそういった面も含めて林さんのファンである。報道が与える影響って怖いな、と林さんが常に感じられていることを今回の番組を見て思った。
つい数年前までは、彼女のエッセイ=彼女自身に比べて、作品=小説はそんなに面白いと思わなかった。
「ミカドの淑女」、「女文士」、「白蓮れんれん」、「本を読む女」、そして「下流の宴」を読むまでは。
「野心のススメ」は、おそらく、初めて林作品に触れた人も多く購入したと思う。
そういった方には、是非上記の五作品を読んで頂きたい。

e0295821_18383639.jpg
e0295821_18384332.jpg
e0295821_18384918.jpg
e0295821_18385779.jpg
e0295821_1839397.jpg
e0295821_18391331.jpg

[PR]
by stefanlily | 2013-07-20 18:40 | 文学、books